FC2ブログ
2019
04.13

緑色。

Category: コレクション
DSCF0543_20190410220157db9.jpg
大好きな緑色。

緑は13束。

割とバラエティに富んだ色幅(*^_^*)

緑を全面に押し出した刺繍をまだ作ってないので、これからどんどん緑の作品を作って行きたいと思ってます。


ありがたい事に新しい派遣会社で色々ご紹介頂けて、週明けから職場見学がいくつか進みそうです。

別にそこまで進んだからって安心は出来ないんですけどね。
とりあえず何もしないよりは何か出来ているかもしれないという謎の安心感(笑)

でも、お仕事探しも大事ですが、別件趣味の締切も迫ってるので戦々恐々です。
今回もGWのイベントにやれるところまでやるか、って気持ちで相方と絶賛修羅場中(ΦωΦ)

仕事してないんだから、進んでるんでしょー。とか思われそうですが、そんな事は無い。
そんな事は、ない!!!(大事なので二回言います)

仕事辞めて体力無くなったせいか、集中力も続かなくなってきまして。
外に出るとお金を使ってしまうので、極力外出を控えているのですが、家に居て愛しいお嬢さん達の愛らしい寝姿を見ていると自分まで睡魔に襲われる体たらく。

メリハリが無いのでだらける一方ってやつです。
これではいかん!! と思うのですけどね。

私、自分に滅茶苦茶甘い人間なんですよね(知ってた)
いやいや、流石に締切の事考えたら気を引き締めて行かねば。


はじめましての方もいつもの方もありがとうございますヽ(≧∀≦)ノ


Comment:0  Trackback:0
2019
04.11

紫色。

Category: コレクション
DSCF0535_20190410220156060.jpg
コレクション紹介、今日は紫。

紫は10束でした。

多くはないけれど、少なくもない……ような?

濃い目の色か、薄い物でも結構彩度の高いものが多いので、もうちょっと柔らかい色のが欲しいなぁ、と思いはじめた今日この頃。


かれこれ五年ほど同じ派遣会社で仕事してまして。
今まではそれなりに良いタイミングで次のお仕事の紹介もらえたり、希望する仕事とちょっと違っても結構電話も掛かってきtんですけど、今回3末で仕事辞めたら、全然次のお仕事紹介が来ない&WEB上に掲載されてる仕事に連続で問い合わせしても全然エントリーすらできない状況になりました。(全部「他の方で進んでます」って言われちゃいまして)

うーん(´・_・`)
これは年齢のせいなのか、それとも3末の仕事を半年で辞めちゃったからなのか。
それとも勤めてた会社の駄目な所を馬鹿正直に全部営業さんにゲロってしまったからなのか。
(こいつやべぇな、と思われてるのかもしれない(笑))

あとは、まぁ、単純にこちらの希望条件に当て嵌まるものがないのか。

まぁ、悩んでてもしょうがないし、これまではたまたま運よく同じ会社で次の紹介が来てたんだろうなぁ、と思ったので、サクッと別の派遣会社に登録しようとして職歴見直してたんですけどね、なんだかんだで5年も同じ会社でお世話になってると、その間にやってた仕事の期間だとか業務内容だとか、次も同じ派遣会社だし、ってんで別に自分で把握する必要無いから改めて見直す機会もなくて、今更必死こいて過去の契約書引っ張りだして見直ししてます。
新しい派遣会社への登録となると、それら全部入力しなきゃいけない……orz

いや、まぁ、就職活動とかもそうですよね。
履歴書書くか、専用システムへの入力なのかの違いですもんね。
ただ、それが職歴が多ければ多い程、面倒という……。

うーん。
これまでぬるま湯に浸かりすぎたか(笑)
やっぱり新しい事やるって体力・気力使いますね。
(だから転職するのに仕事辞める時は余力を残しておかないといけない)

でも、何だかんだで振り返ったら事務職だけで12年続けてました。
接客・サービス・サポートばっかりやってて事務なんて動きのない仕事、私には無理だー! って言ってた十代・二十代の頃がひどく懐かしい(*´v`)
もう、今じゃ、事務以外の仕事の方が未知すぎて飛びこめない(笑)


はじめましての方もいつもの方もありがとうございます(・Д・)ノ


Comment:0  Trackback:0
2019
04.09

青色。

Category: コレクション
DSCF0548_2019040722194559f.jpg
糸通しの束ビーズ、青色系まとめ。

2018年の1月に日本橋三越で開催された「はじめてのオートクチュール刺繍」に行ってそこから初めて糸通しビーズを意識して購入するようになったわけですが、あれから一年ちょっと。
何だかんだで手持ちの糸通しビーズが増えたので、ちょっと色別に備忘録などしたためておこうかと思いまして。

青色、と一言で言っても濃いのから薄いのまで色々。
青色はとりあえず今の所16束。

ビーズ刺繍を始めるまではただのコレクションと化していたビーズ達も、今は遠慮なく使ってます(笑)
使う為に、購入してます。
どんどん使って色の組み合わせを考えて、自分の好きな色合いで作品を仕立てるのが楽しい。

絵を描く人の、絵具みたいな感覚ですね。(めっちゃ場所取るけど)


昨日の事ですが、髪をばっさり切りました。
背中の真ん中に届くぐらいまでなんとなくダラダラ伸ばしてたんですが、いい加減伸びすぎたなーと思い、気分転換もしたくなり。
とは言っても無職なもので美容院に行く余裕もなく。
んー。久しぶりに自分で切るか、と思ってハサミとゴミ袋持って鏡の前に行って適当な所でバッサリ。
最初はショートにしちゃおうと思ったんですが、失敗した時に結んで誤魔化せるように、と思って無理なく結べる長さにしとこう、と肩よりちょっと下、ぐらいにしました。
後ろ側はあんまりにも変だったら相方に切り揃えて貰えばいいし、と思ったんですが、帰ってきた相方曰く「違和感がない」との事だったので、そのままです(笑)

切り終わってゴミ袋に捨てた髪を改めて見てみたら、十センチ以上ありまして。
そんなに毛量多い方ではないですが、でも、やっぱりそんだけの長さなんで量もそこそこあったのか、だいぶ頭が軽い感じしてます(笑)

基本的にそこまでスピリチュアル的な事に傾倒するタイプじゃないんですが、思い返せばこれまでの人生、髪が短かった時の方が物ごと割と良い感じの方に行っていたような……? と思って、まぁ、何となくダラダラ伸ばして髪型にこだわったり、ケアにこだわってるわけでも無かったので、いいかなー、って気持ちもありまして。

うーん。どうなんだろう、とネットで適当に(笑)調べてみたら、髪が長い方が女性としての色気(最初にいろけ、って打ったら色毛って出たよ、このパソコン……)的な物はあるそうなんですが、やっぱり、髪って伸びれば伸びるほど、なんだかエネルギーとか気とか色々と溜まり込んじゃうらしいです。(良いものだったら良いけど、言わずもがな悪いものもありますのでね)
それを上手くケア出来たり、落とせる人は良いみたいですが、私のようなズボラ人間には無理でしたね(゚∀゚)hahaha(知ってたけど)

ロングヘアの人は毛先を少し切るだけでも違うらしいですが、ケアもうーん、って感じだったし、何よりシャンプーリンス勿体ねぇな、と思った時点で色気とは……? となりますね(笑)

まぁ、髪だし、またどうせ伸びるし。
願掛けとかしてたわけでもなし。

バッサリ切って気分もサッパリしました。

髪切って分け目も変えて、ちょっとイメチェンした私を見て相方は「その髪型だと大人っぽいね」って言って「大人ですwww」「アラフォーに足突っ込んでる人に何言ってんだwww」と大爆笑させてくれました。

その直前に「若返ったね」とも言ってたのに(笑)

どゆこと(笑)


はじめましての方もいつもの方もありがとうございます(*^ワ^*)


Comment:0  Trackback:0
2019
01.24

マーブルのビー玉。

Category: コレクション
DSCF0237_201901232233139bf.jpg

DSCF0233_20190123223312a25.jpg
この間、吉祥寺でお迎えしてきたビー玉。

この歳になってビー玉にときめくとは……。
でも、素敵なガラス玉なので、仕方がない……。
ビー玉、いい。
とても、いい。

そんなわけで松野工業さん(☆☆☆)のサイトとか見てみたり、youtubeでビー玉が出来るまでの制作工程を見たりして、ほぉ~っと感心しておりました。

上の画像みたいなマーブルってどうやって作ってんのかなぁ、とか思ってたんですけど、溶かした透明硝子の中心に溶かした色硝子を流し込んで、細い管に流して落として成型していくようです。
色水みたいに混ざらないんだなぁ、へぇ。と此処でも感心。
硝子の事、もっといろいろ知りたいなぁ。


インフルに罹りました。
実に15年ぶりの罹患。。。

日曜日にお出掛けして、帰ってくる時になんか鼻の奥が痛くて。
あー、これは去年やった咽頭扁桃腺炎っぽいな、と思ったので、帰りに濡れマスク買ったり何だりして帰宅して、鼻の痛み以外は食欲もあったし、通常通りだったので普通に過ごして寝たんですけどね。
寝付きがどうにも悪くて。
そうこうしてたら、悪寒がしてきちゃって。
夜中の二時くらいにトイレに起きて。でも、おでこ触ってもそんなに熱くなくて。
なんでだろう、と思いながらトイレ行って水分取って、一応、と思って熱計ったら37℃を超えていたので、おや、微熱が……と思ってとりあえず氷枕用意して、上にもう一枚着て布団に戻って。
でも全然悪寒は収まらないし、眠くならないし。
一時間ぐらい経って、枕元に持ってきた体温計で体温計ったら38.6℃まで上がってまして。
そこで初めて、おや、これはもしやまずいのでは……? と思いつつもどうすることも出来ず。
布団の中で頭冷やしながら蹲って、なんだかんだで意識が落ちたのは4時頃だったそうです(相方曰く、その時間になってやっと寝息が聞こえてきた、と)

そこから起きて、落ちて、起きて、落ちて、を何度か繰り返して、やっとこさ朝になって。
近所の病院が九時からだったので、とりあえず八時半頃に派遣会社に連絡して、九時丁度に病院つきまして。
(ちなみに派遣先は九時前に連絡着かなくて、早々に諦めましたよね)
受付で「どうされました?」と聞かれて「実は昨夜から高熱が下がらなくて……」と言ったら、そのまま隔離コース。
高熱が出たのが夜中の三時頃で九時の時点で六時間経過。
インフルの結果が八時間? とか経たないと出ないそうで。
看護師さんに「どうしましょう? とりあえずやってみましょうか?」と聞かれて、「そうですね~」て答えて、人生初の鼻グリ検査。

痛かった……。凄い、痛かった……( ノД`)

検査後、待つ事10分。
隔離されたカーテンの隙間から現れた先生は言いました。

先生「秋色。さん、はい。アウト確定ー!」

私「あああ、マジですか~~~」 ←本気で言いました。

先生「こんな事冗談で言わないよー」

私「……そうですよね」

ちなみに病院行く直前に体温計ったら39℃になってまして。
この頃には熱でふらふらするものの、悪寒が無くて結構快適でした。

そのまま隔離された状態で色々説明されて、私の場合、発症後すぐだから薬も効くだろうし、熱が下がるのも早いだろう、と。
でも、何だかんで月曜発症でその後五日間は外出しないでね、と。
なので、結局出社は一週間後になりまして。
説明も会計も隔離されたまま、お釣りを渡されながら「あ、出てすぐの薬局に処方箋出してますので、寄ってお薬受け取って帰って下さいね」と言われまして。

ほぉ。
インフルだとこうも色々至れりつくせりなのか、と熱で浮かされながら謎の感心をしつつ、薬局に行けば、薬局のお兄さんが顔を見るなり、「あ、秋色。さんですね! こちらがお薬です!」と。

ほぉ。
滞在時間を短縮してくれるのか。流石だな。

とか謎の上から感想を抱きつつ、薬の説明を受け、お会計。

ちなみにタミフルじゃなくてゾフルーザって新しい(?)お薬出されました。
一回二錠飲んだら、それでおしまい。(タミフルは五日間のまなきゃいけない? らしいですね)
このゾフルーザ、早ければ早い方がいいのか、薬局のお兄さんの勢いが凄かった。

お兄さん「こちらのお薬、兎に角お帰りになったらすぐに飲んで下さいね。すぐで。すぐ、でお願いします」

私「ええと、胃に何か……」

お兄さん「いえ! もう、兎に角これをすぐに! もう、すぐに飲んで下さいね!」

私「は、はい……」

基本的に早く治したいので貰ったお薬はちゃんと飲む私は、帰宅して早々にのみました。
解熱剤も貰ったのので、こっちも胃に軽くゼリーとか入れて早々にのみました。

インフルにかかって、うちの相方が凄いいろいろやってくれてましてね(;д;)
マジで助けられてます(;д;)
ありがとう、相方(;д;)

よっぽど高熱の時の私の様子が悲惨だったのでしょうね。
本人からも「……すごい辛そうだった」との感想貰ってます(笑)

ゼリーやポカリ、冷えぴたなんかも私が病院行ってる間に買ってきてくれてて、心配もしてくれて。
(そんな相方を私は家のチェーン掛けて締めだした女ですが(ΦωΦ) ←意識朦朧としててチェーン掛けちゃった(笑))

相方にインフル移ってしまったら、今度は私が看病します!(移さないのが一番だ!)

いやー、しかし。
大人になってからの高熱、マジでキツイ。
久々すぎてキツイ。
でも、逆に高熱と悪寒が落ち着いたら、ああ、こんなにも楽なのね、と謎の感動を感じておりました。
動けるってすごーい! みたいな。(思えばあれは熱の後遺症で謎のハイテンションだったのかも)

健康が一番ですね、やっぱり。
何もない、当たり前の日常を過ごせるって本当に素敵。

既に体調も復活して、たんに菌をばら撒かないために外出出来ないだけなので、無駄に元気に家の事をやったりごろごろしてます。

こうなるとお仕事行きたーいって思う不思議。(いつもは出来れば行きたくない)

あ、ちなみに職場には薬貰った帰り道に「インフルでした」と報告しまして。
一週間お休みします、お大事に、のやりとりでさらっと終わって良かった。
パンデミックの怖さをよくよく御存じの職場だったようで、良かったです(* ´ ▽ ` *)


はじめましての方もいつもの方もありがとうございます(*^ワ^*)


Comment:0  Trackback:0
2018
11.25

大粒FP。

Category: コレクション
DSCF9634.jpg
チェコFPの大粒。

ファイヤーポリッシュ。

8ミリくらいまでのサイズなら使うんですが、ここまで大粒(多分10~12ミリくらい?)だとほぼ出番はなく(汗)
でも、ちょっと珍しい色とかだと欲しくなってお迎えしてしまったり、あと、福袋とかに入ってたり。
そんなわけでうちにもこの五種類がおります。

大粒。
眺めてると結構楽しいです(笑)


以下、雑談。

さて、昨日は別件趣味の方での年内最後のイベント参加でした。
無事に終了してビッグサイトにも「また来年ー!」って感じでお別れしてきましたよ(*´v`)

ツイッターの方ではちょこちょこ愚痴ってたんですが(笑)、ちょっとこの趣味の方で自分たちには直接関係ないながらもちょっとしたごたごたがありまして。
なんて言うか、人が誰かを傷つける瞬間を目の当たりにしたり、見ず知らずの人に好きなものを貶されたり、勝手に失望されたりで、本当になんでこんな好き勝手言われなきゃならんのか……と怒ったり悔しかったり悲しくなったり虚しくなったり、と負の感情のオンパレードでした。
丁度今回のイベントの為に色々と作業をしてたタイミングに丸被りだったもんで、結構メンタルぐらぐらさせられて相方と「こんな思いをさせられるぐらいなら、もうやめようか……」的な事まで話をしてたんですよね。
なるべく人様に迷惑掛けない様に好きでやってる事なのに、趣味なのに、なんでこんな苦痛を感じさせられなきゃなんないの……? みたいな気持ちにもなってしまっていて。
こんなに辛いのに続ける意味なんてあるの? みたいな感じで。

でも、相方とも話をして、友人や知人の言葉にも支えられて、やっぱりそんな事に自分達が左右されて好きなものを諦めるのは変だし、自分達は人様に迷惑掛けない限り、自分たちのやりたいようにやろうって決めて、改めてこの趣味に関しては自分達がもうここらで終わりにしようか、ってなるまでやりたいようにやろうか、ってなりました。

正直、今回の参加自体どうなのかなって気持ちも微妙にあったまま参加したわけですが、ありがたい事にお会いしたかった方が皆さんわざわざ会いに来て下さって、寧ろこのごたごたの事でうちがもう活動をやめてしまうのではないかと逆にとっても心配してくださってもいて。
凄くその言葉に救われて、色々大変だったけど相方とここまで続けて来て良かったなぁ、って泣きそうになるくらい本当に嬉しく思いました。

好きな物を好きなように。
でも、決して中途半端にはならないように。

何かを作り出す時になんとなくですがそういう気持ちで作ってる事が多いんですが、そう言う風に込めてた想いを分かって頂けて、支えて頂けて、嬉しいお言葉を沢山頂いて、伝えたかった御礼も伝えられて無事に年内のイベントが終わりました。

帰り道、相方と「来年も頑張ろうね~」って当たり前に言い合ってたので、来年も別件趣味の方は無理なく楽しくやりたいように続けて行こうと思います。

でも、ビーズの方も色々動きたい気持ちがあるので来年はもう少しスケジュールとかしっかり考えてもう少しアクティブに動けるようにしたいと思います。(……思ってます)


はじめましての方もいつもの方もありがとうございます(´∀`*)


Comment:0  Trackback:0
back-to-top