FC2ブログ
2017
01.20

トンボ玉を作ってきました。

Category: ものづくり
DSCF7556.jpg
ずっと「トンボ玉つくってみたーい!」と思ってたんですけどね、昨日ついに作ってきちゃいました(* ´ ▽ ` *)

昨日、ちょっと浅草橋のシモジマに行く用事がありまして。
で、ただそれだけで行くのもちょっと勿体ないなぁ、と考えていたんですが、そう言えば浅草橋のkinariさんってトンボ玉の体験教室やってたなぁ、と思って調べたら日程が火・木・土だったので、とりあえず開店ちょっと後ぐらいに当日の申し込み出来るか電話してみたら、13時の回も15時の回も空いてますよ~、って言われたので予約入れさせて頂きました。

Kinariさんって結構前にとんぼ玉見つつ、ぶどう玉のお買い物をさせていただいたお店。
久々にお邪魔しましたが、相変わらず魅力的なとんぼ玉がいっぱいあって、やっぱり凄く楽しい!
(ごめんなさい、行って見ちゃうと絶対に欲しくなるのが分かってたから普段近寄りませんでした)

体験教室はお店の二階で出来るんですが、二階はガラスロッドとか道具の販売スペースでもあるので、色とりどりのガラスロッドや見た事もない道具がたくさん。

おお~、と思いながらフロアの奥に行くと左右で二人ずつ座れるスペース(計四人)がありまして、そこが作業場所。
一度の予約は四人までだそうですが、私がお邪魔した13時の階は私一人と言う事で、店員のお姉さんにつきっきりでのんびり丁寧に教えて頂けました!(ラッキーだった!)

Kinariさんの体験教室、一時間コースと二時間コースがありましてね。
二時間コースも気になったんですが、こちらは月に二回、隔週の水曜日しかやってないそうで、またどこかでタイミング見て挑戦出来ればな~、と思ってます。(作れるものも違うので)
一時間コースは毎週、火・木・土でそれぞれ毎日、11時・13時・15時の回があるので、平日勤め人でも土曜日予約が取れれば行けます。
作れるとんぼ玉は三種類。
今回私が作ったのは「線流し玉」って言う、渦巻模様のものです。
後はドット玉、とお花もよう玉。
各種類、月ごとにローテーションされてるようで、今月は木曜日が「線流し玉」の日でした。
(店員のお姉さんに「でも、今回はお一人ですからお好みの柄を選んで頂いて大丈夫ですよ」って言って頂けて、最初ネットでサンプル見てたお花もよう玉がいいかな~、って思ったんですが、お店に置いてある実物のサンプルを見たら線流しが一番可愛く思えて、線流しにチャレンジしました!)

DSC_2034.jpg
体験教室用のガラスロッド。
結構な色があるので、ベース玉の分になりますが、この時点で悩みまくり(笑)
これね、去年連れて行って貰った吹きガラスの時も思いましたが、選択できる色が豊富なのは嬉しい。
嬉しいけど悩みまくって先に進めないってなりますね。

DSC_2035.jpg
こっちはベース玉につける線模様の分の細いロッド。
ここからは二本、選びます。(これも迷うんだよ~)

とんぼ玉作り、まずはお姉さんがお手本で作って見せてくれます。
ちゃんと作業用のアイプロテクター(サングラスみたいなやつ)も貸してくれるんですが、私普段から眼鏡かけてましてね。
眼鏡かけてる人用にクリップ式で眼鏡に留めれるアイプロテクターもあるんですよ!(←凄い感動した)

炎をずっと見る必要がある為と、万が一ガラスがはじけ飛んだりした時の為にアイプロテクターは必須。
(あと、エプロンも。手ぶらで行って全部貸してくれますので気楽でした。勿論、火を使うので袖がひらひらしてないお洋服推奨)

ベースになるガラスロッドは炎から少し遠い位置で炙って、ロッドを温める所から。
急激な温度変化に弱いガラスをいきなり温度の高い所で温めると弾けちゃうそうで。
なので、じんわりじんわりゆっくりと熱を通して、先端の色が少し変わってきたら少しずつ火に近づけて溶かして行きます。

なんかね、ガラスが飴みたいにどろり、ぐにゃぐにゃ~っと溶けて動く様子はなんだか生き物みたいで見てるのは楽しかったです。
(自分がやるとなると溶けたガラスを落とさないようにロッドも常にくるくると回してなきゃいけないので、結構余裕が無いんんですけどね(;´・ω・`))

DSC_2038.jpg
ベースのロッドを大体これぐらいのサイズかな? って所まで溶かしたら、離型剤を付けたステンレス棒の離型剤の部分も火で炙ります。
離型剤部分が充分に加熱されたら(こっち炙ってる間も、ロッドはその上で加熱する)、両方一旦火からおろしてロッドの溶けたガラスを離型剤部分に巻き付けます。

巻き付けて最後の巻き取りはもう一度火に載せて、火で焼き切る感じ。

DSC_2039.jpg
棒に絡め取ったガラスを火で炙って、その間もくるくる回し続けて形を整えていきます。

(……後学の為にも! と思ってお姉さんに「写真撮って良いですか?」って聞いたら「大丈夫ですよ」って言ってもらえたのに、この後説明と作業に集中してしまった為、作業中の写真は上の二枚しかございませんのよ(´・_・`) もっとちゃんと撮っておけば良かった……、と後悔してます)

通常の、柄の無いとんぼ玉は上のとこまでの作業で形整え終えたら火からおろして、熱が冷めるまである程度棒をくるくる回し続けて冷えたら、徐冷剤の中に入れておいて一時間ほど熱を取って終了だそうです。

模様が入る場合はまだ作業が続きます。
以下、文字が続きますがご容赦を。

線流しはベースのロッドより細いロッドを二色選んで、形を整えたベース玉に溶かしつけます。
芯棒と同じ向きで各色三本ずつ、計六本の線を付けて、付け終わったらそれをまた火で炙って馴染ませて、溶かして流して行く感じ。
あ、どうしよう。このすっごい伝わらない感じ……(´・ω・`;)

なんで私はここの所の写真を撮らなかったんだろう。
(いや、一対一でお姉さんが凄く親切に教えてくれたので、あ、こりゃ真面目に聞く状況だよね、と思ってふむふむ聞いちゃったんですけどね。おかげで凄く分かりやすかったです!)

ええと、とりあえず線流しは他の道具も使わず、火でガラスを炙って溶かしてぐりゃり、とした所をくるくる回して模様にしてました! 以上!

自分でやるまでなんか違う道具も使って渦巻模様にするのかと思ってましたが、他の道具は一切使わず。
やはり人生、自分でやってみなけりゃわからんもんですなぁ(* ´ ▽ ` *)

DSCF7559.jpg
冒頭でも載せましたが、今回の一時間の体験で作ったのはこの三つ。

赤いのは練習の無地玉。
とりあえず、一個ガラスを巻き取って作ってみましょう、ってやつです。
ロッドの色は濃いオレンジだったのに、熱を加えると赤味が増して赤になりますよ、って言われて面白くて試してみました。
元の色と全然違って面白かったです。

紫の渦巻が二個目に作ったやつ。
これはなんか凄く渦巻の感じが自分でも好き。
(見本にあった青色の玉をまねて、自分なりに紫バージョンを作ってみたのですが、なんか想像と全然違う方向に行きましたが、まぁ、これはこれでいい感じかと)

最後は緑のやつ。
抹茶っぽい色のベースに、オフホワイトとオレンジを少し。
これ、私の趣味全開です(笑)

一時間で説明~作成までで、その後一時間は離型剤の中で冷ます時間になるので、体験は一時間でも、実際に受け取るまでは二時間のコースになります。
(冷ましてる間は他のお買い物も行けるし、伝えられた受け取りの時間過ぎた後でKinariさんの閉店までに取りに伺えば問題ないそうです)

私は家に色々アクセサリーに仕立てる材料があるので、今回はお買い物は特にしませんでしたが、Kinariさんでは作ったトンボ玉をアクセサリーに仕立てられる材料やパーツも販売されてるので、作ったはいいものの何にしよう、って方は店員さんに聞けば優しく教えてくれると思います。
(ネックレス、ブレスレット、簪、ストラップ、と基本ラインナップはばっちりでしたよ)

私は体験教室の後、他にお客さんがいないのを良い事にガラス作りのあれこれをお姉さんに色々聞いてきちゃいました。
どうやって泡いれるのか、とか、花模様の付け方とか、知らない事をたくさん知れました。
やっぱりガラスって奥深いわぁ(´ω`)
いいわぁ(´ω`)
好きだわぁ(´ω`)

Kinariさん、チケット制のトンボ玉作り教室もやってらっしゃるので興味津々。
ガラス好きすぎて作りたい気持ちはあったんですが、中々タイミングが無くてね。
今回の体験教室は数年越しの『初めの一歩』かな、と。
まぁ、こういうのを実際にやってみようと思うのも、そういう時期だったりタイミングがやっぱりあるものだと思うので、焦らずに考えようと思います。

とりあえず、もう一回ぐらいは一時間の体験教室行って、今度はドット玉かお花もよう玉つくりに挑戦したい感じ。

あ、そうそう。
トンボ玉作りの時、兎に角棒を持ってる手をくるくると回す時は持ってる腕を水平に保つ必要があるので、筋力が無い人はかなり二の腕がプルプルするのでご注意を。
プルプルし過ぎて予期せぬトラブルが起きる可能性もありますのでね……。

そしては私は一日経って、若干筋肉痛になってます(笑)

実際にガラス玉作りに触れてみて、やりたいなぁ、って気持ちはやっぱり湧いてきますね。
今すぐ! ってわけではないけれど、いつかやりたい事の一つだなぁ、と。

まぁ、もし家でやる、となると、家が狭いとか、可愛いお転婆な娘たちがいるとか(特に弾丸白ぽよ娘)、

DSCF7328.jpg
「ん? 呼びました?」

始めるにしても色々考えなきゃいけない事はありますが、いつかずっと続けられる趣味の一つにしたいなぁ。

自分らしいガラスを、たくさん作ってみたい。
思いついたものを形にしてみたい。って言う、そんな気持ちですよ。

はじめましての方もいつもの方もお読みいただきありがとうございます( ^ω^ )
スポンサーサイト




トラックバックURL
http://verde12.blog.fc2.com/tb.php/974-cd28cd21
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top