FC2ブログ
2016
09.25

アソートパックと言うものがありますね。

Category: 日常
DSCF5237.jpg

世の中には、アソートなるものがあります。
(上の写真はアソートとかと関係はありませーん)

『アソート(assort)とは英語で「分類する」、「組合わせる」、「取りそろえる」、「調和する」、「交際する」を意味する語である。 日本語では主に様々な種類の商品の詰め合わせや食品の盛り合わせを意味する(アソートメントとも言う)。』
(Wikipedia引用)

なので、アソートパックっつーのは、まぁ、要は似たようなものを詰め合わせたパック売り、みたいなものとでも思っておきましょう。

チェコビーズにも、よくアソート商品はあります。
カラー別になってたり、なんかしらのイメージで作られたり。

無難なのはやっぱりカラー別でしょうかね。
私はここ数年ネットショップでもお買い物をする事が多くなったので、色々なショップさんを定期的に巡回しております。

アソートも気になるものはたまに見たり、買ったりします。
でも、アソート買う時に私の中には一個の基準があります。
それは、必ずペアになる組み合わせのビーズが二種類以上入っている事。
(どうしても欲しいものが入ってる場合はその限りではありませんが、基本はこれ)

良く見かけるアソートって、同じ色にまとまってても、時折入ってるビーズの種類がご丁寧に全部違ってて、同じものが一つとして無い事があります。
詰め合わせなのだから別にそれが悪いとか良いとかはないんですが、全部が全部違うと私には使いにくいわけで(´・ω・`;)

ビーズを買った以上、必ずしも作品に使うってものでもないんですが、やっぱり折角なら何かしらのアクセサリーに仕立てて身につけてみたいよね、と思うわけです。
私なら、その何かしらの簡単なものがピアスになるわけで、そうなると必然的に同じ色・形のものが二つは必要になるわけです。
でも、全部違うものが入っているアソートだと、それが出来ない。
(色を揃えて左右でアシンメトリーなデザインのピアスなんかを作られる作家さんも世の中にはいらっしゃるので、必ずしも世の中の皆さんが私と同じ考えとは思わないのですが。ブレスレットとかも作ろうと思えば作れますしね)

ぶっちゃけ世の中の、全部違うものが入ってる手チェコビーズのアソートパックを買う方って、どうしてるんだろう、何に使ってるんだろう、と今日も今日とて別件に切羽詰まって追い込まれながらも息抜き(と言う名の現実逃避)にネットショップの海でビーズを眺めながら思ったわけです。

①飾る・並べておく・眺めるなどの観賞用
②ハイセンスなデザインでアクセサリーの仕立てちゃう
③同じアソートを二パック購入して、頑張って同じビーズを揃えて使う
④なんとなく、ノリで……

今、パッと思いついたのは上の4つぐらい?
正直、③は在庫の関係で出来る時と出来ない時の差が激しいんですけどね。
④は、昔やった事があるので書きました(笑)
そして若干困ったんだよね、これが。

自分のアクセサリーを作る側の考え方でも、集めてる方の考えでも、やっぱり同じものは最低二粒は欲しいなぁ、と思ってしまうんですけどね。
だから、私のアソートを買う時の基準は同じものが最低二つ、二種類は入ってくれてる事、なんです。

ちなみ50粒入ってるアソートパックがあったとして、50粒全部が違うビーズだと「ふーん」って感じであんまり惹かれません。
でも、これが10粒ずつ5種類とか、4粒12種類+何か2粒(←例えですけど)とかだったら、物凄い勢いで食い付くと思います(笑)

ちょっと前にもアソートパックを二種類ぐらい買ったんですけど、どちらも同じビーズが最低6粒以上は入っていると言う素敵なパックでしてね。
「そうそう、こういうのを求めておりましたのよ!」みたいな気持でした(* ´ ▽ ` *)

でもね、こういうアソートパックってあんまり見かけないんですよね。
お店側も全部違う方がやっぱり用意しやすいんですかね~。

と、以上、現実逃避にふと気になった事を書いちゃった記事でしたー。

……それでは、現実(別件)に戻ります。

はじめましての方もいつもの方もお読みいただきありがとうございます.゚+.(・∀・)゚+.
良ければポチっと
↓ ↓
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ビーズアクセサリーへ
にほんブログ村
スポンサーサイト




トラックバックURL
http://verde12.blog.fc2.com/tb.php/886-56de496c
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top