FC2ブログ
2016
05.30

吹きガラス体験してきた話・そのに。

Category: 日常
ではでは、続きまして工房内での実際の作業のお話。

ちなみに、工房内、窯がありますので、めっちゃ暑いです。(そりゃそうだ)
でかい業務用扇風機フル稼働ですが、そんなのは一時しのぎだね、あはは、ってぐらいに暑いです。
最初は大丈夫です。作業中も暑さ忘れます。
でも、ふ、と気付いた時にめちゃくちゃ喉が渇いてる。
水分補給大事!!

では、実際の作業の様子。
同居人が、首から上はNG! って言ったので、ぎりぎり作業が分かる程度の写真でお送りしまーす。

作りたい形、色を決めて準備が終わったら、「じゃあ、ここに座ってー」って案内された席に座ると、まず工房の方から口頭と身振り手振りで作業の説明がされます。
それから、吹き竿だけを渡されて吹き方の練習、竿の転がし方をレクチャーされます。

一通り流れが分かったら、「じゃあ、ガラス行くよー」って吹き竿にガラスが巻かれて、実践開始。

DSC_5878.jpg
一番最初に吹いてる所。
同居人も言ってましたが、ここではまるで壁に向かって息を吹き出してるみたいで、全然膨らんでる手応えが分かりません。
横で見てるとちょっとずつ膨らんでるのが分かる。
工房の方が、「○ミリ膨らんだよ」「頑張って! はい、息吸って、さぁ、吹いてー!」って教えてくれるので、とりあえず言う通りにただがむしゃらに息を吹きます。
本人かなり一生懸命なだけに、ここで周りに笑わされると腹が立ちます。

DSC_5883.jpg
ある程度膨らんだら、平行にしてころころして、歪みを無くします。
早く転がすと、重力で片一方に寄った歪みが分かります。
垂れた方を上にして、数秒待機して、真っ直ぐにしていきます。

ガラス、どんどん冷めてくると硬くなって吹けなくなるので、思う様な大きさになるまでは、温めて、吹いて、整えて、って工程を繰り返し(工房の方が調整してくれます)

DSC_5886.jpg
これはある程度膨らんだ所でもう一回窯に入れて柔らかくしたのの、持ち手部分を冷やしてる所。
多分、窯の奥の方の高温で柔らかくする為に奥まで入れると、持ち手部分まで高熱になってしまうのかと。

DSC_5898.jpg
柔らかくするのは勿論、工房の方がメインにやってくれます。(真っ赤で怖いよ~熱いよ~)
たまーに、「ちょっと離れるから、ここで持って待っててね!」とか言われます。(友人言われて、窯の前で待ってた)

DSC_5926.jpg
ちなみに窯は二つありまして。
何かの用途で使い分けしているように見えましたが、正直、作業中にのんびり「あれ、なんですか~?」なんて聞く余裕はございませんでした。

DSC_5919.jpg
作業席も二席あります。
こっちは手前の作業席。
最初のレクチャーや、説明等は奥の席でされて、ある程度の工程を経るとこっちの席に移って待ってて下さい、と言われます。
座席はちょっと横に広くて、黒張り、と白張り。
作業によって「黒い方座っててー」とか言われます。

DSC_5899.jpg
何度か吹いて、ガラスが膨らんだ所で、吹き竿側に挟むやつで窪みを作ります。

DSC_5903.jpg
ちなみに挟むやつの構えは、こう。

DSC_5902.jpg
「こうやってね」と教えてくれます。

DSC_5909.jpg
膨らんで、竿側に窪みもついて、ちょっと冷めてきた所。まるでナスビのようである。

DSC_5911.jpg
これは、柄をつけてます。
外側にぐるぐる~っと、縄を巻いた様な模様のグラスにした同居人。
模様になる方のガラスを工房の方が持っててくれて「はい、転がして転がして!」って言われて、必死に棒を転がしてる。

DSC_5912.jpg
模様も無事に着け終わったら、窯でガラスを温めている間に台の上に。
足元に置いてある型に柔らかくなったガラスを入れて吹いて、目的の形にします。

DSC_5931.jpg
台の上で吹いてる所は上手く撮影出来ず。
とりあえず、型に入れて吹き終わると、ただのナスビはこんな綺麗な形になります。

DSC_5929.jpg
底辺を木の板で平らにする作業。
片手で竿をぐるぐる奥へ手前に転がして、木の板は添えるだけ。

DSC_5934.jpg
底辺が整え終わったら、別の竿に少量のガラスをつけて、底にぺたっ、とつけます。
そんでもって、さっき挟むヤツで窪みをつけた所を、水で付けたヤスリみたいなので、ごしごし削ります。

ある程度削ってから持ち手の竿をヤスリでこんこん、と叩くと、削った所が綺麗にこん、と吹き竿から外れます。
そしたら、ガラスは新しい竿にくっついたまま、再び窯に。

DSC_5938.jpg
窯から戻ってくると、削った所に穴が開いてます。ここが飲み口になる所。
ここに今度は挟むやつをグイッと入れて、くるくる転がしながら穴を広げていきます。

DSC_5941.jpg
この作業が結構大事で大変。

DSC_5942.jpg
飲み口の穴がぐねぐね広がるわ、ガラスも柔らかいから重力で片一方に垂れ下がってきちゃいます。

DSC_5944.jpg
ぐねんぐねん、くるくるー、ぐねんぐねん、くるくるー、って感じの所で、挟むはつの刃先(って言う?)を添えるだけにして、
幅とかそういうものを整えていきます。

「もう少し飲み口広げる?」「歪みは大丈夫?」と色々聞いてくれて、自分が満足すればここでおしまい。
最後は冷やし釜の前で工房の方が竿との接続部分を外してくれて、底面を火力の強いバーナー(みたいなの)で溶かして慣らして、冷やし釜の中に入れてくれます。(一日冷やすそうです)

うろ覚えながら、初めての吹きガラス体験はこんな感じで無事に終了しました。
途中、どっかの工程の紹介とかもしかしたらすっ飛ばしてるかもしれないけど、概ねこんな流れでしたよ~って事でご了承くださいませ~。

最後は送付伝票に送り先記入して、代金お支払いして、庭で水分補給して終了。

ちなみにガラス、熱を持ってる時と冷めた時は色が全然違うそうです。
なので、自分の作ったのがどんな感じになるのかは、送られてきてからのお楽しみ~♪

今回お邪魔した所は作るものの自由度も高くて、説明も丁寧で分かりやすくて、あと、工房の方が面白くて楽しかったです(^-^)/
また行きたーい。でも車が無いとちょっと行きづらいー。

ちなみに、作品はもう手元に届いております。
↓ ↓
DSC_6237.jpg
青とオレンジのが同居人作、緑にオレンジドット柄が私でございます。

同居人は飲み口の斜め具合に軽くショックを受けてました。
でも、色が綺麗で羨ましい。

私のはね、自分で自分の作品見た瞬間に「なんか金魚鉢きた!」と思ったよね。
DSC_6235.jpg
……おかしい。
私の予想では落ち着いたオリーブカラーに白とオレンジの対比で、もうちょっと落ち着いたお洒落なグラスになる筈だったのに。。。
どこからどう見ても金魚鉢。(もう、そうなる要素しかないのに、なぜお洒落なグラスになると思ったのか……)

金魚入ってないけど、金魚泳いでる感満載の金魚鉢!

どことなく懐かしささえ感じますね( ̄ω ̄)

同居人も見た瞬間に「すごい! 金魚鉢!」って言いましたよね。
友人にも画像送って見せたら「金魚鉢だ!」って言われたよね。

狙ってないよ。
こうなる事を狙って作ったわけではないのよ。
本当ですよ!

でもね、工房で作ってた時、工房の奥さんが言ったのは「なんか、ヒヤシンス育てるポットを思い出したわ」だったよね。

でも、違うの。みんな違うの。
聞いてください。

これ、ビールグラスなの(* ´ ▽ ` *)

私、ビールを美味しく飲む為にこのグラス作ったんですよー。
ヒヤシンス育てるポットでも、野菜スティック入れる器でも、金魚鉢でもないんですよー。
(工房で友人の一人にも「いや、この形でビール飲まんでしょ」とか言われたけど、私はこれでビールを飲むと決めている)

でも、自分でももう「金魚鉢」って呼んで使ってますよ(笑)

一緒にいた友人たちはみんな同居人と同じタイプのグラスを作ってました。
私だけ、この金魚鉢型にしました。
何故かって?
形が好みだったから。この丸いフォルムが大層好ましかったから。
南瓜のようなフォルム、大好き。

でもね、私、最後の吹きの時におもっきり吹いてしまいまして。
南瓜みたいな溝がほぼ消失!Σ(゚д゚|||)

ちなみにでかくした物は小さく出来ない、それが吹きガラスです。

でもいいの。
これはこれで可愛いです。
飲み口の下がきゅっとくびれてるので、酔っ払ってても手から滑り落ちませんよ!!

ちなみに工房で作業したのは一緒に行ったメンバーの中で私が一番最後だったんですが、前の友人たちの作業を見聞きして、写真も撮ってたから「予習ばっちり!」と思ったら「お姉さんのは皆と違う形だから工程とか全然違うのよね~」って言われて地味にショックでした。
そして、実際の作業は全然違いました。
しかも、すっかり自分達の作業を終えた友人たちが揃いも揃って横で並んで見ながら色々言ってくるもんだから、笑っちゃって吹けない。
皆、自分と違う作業工程に興味津々でしたしね。

でも、こうやって自分だけのグラスを作る事が出来て大変楽しかったし、やっぱり嬉しいですね!
金魚鉢、これから愛用していきますよ!

厚みもあってしっかりしてるので、長く使えそうです。
また機会があれば違う形も作りたいな。

ちなみにグラス届いた日の夜に同居人と家飲みしたのです。

DSC_6284.jpg
はい。「ビールの海を泳ぐ金魚」♪(/・ω・)/ ♪

はじめましての方もいつもの方もお読みいただきありがとうございます♪(/・ω・)/ ♪
良ければポチっと
↓ ↓
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ビーズアクセサリーへ
にほんブログ村

ご興味ある方、あ、ここなら行けるかもって方、今回お邪魔した主基(suki)グラススタジオさん、楽しいし面白いし自由度高くていいですよー。
と、自分が気に入った所なのでおススメしてみる(笑)
スポンサーサイト




トラックバックURL
http://verde12.blog.fc2.com/tb.php/795-27259dd1
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top