FC2ブログ
2018
06.17

子供の頃に。

Category: ビーズ
DSCF8692.jpg
よく、こういう瓶詰めのカラフルなビーズをおばあちゃんにおもちゃ屋さんや雑貨屋さんで買ってもらった記憶があります。

子供ってこういうカラフルなもの好きですよねー(゚∀゚)
今思えば何が作れるわけでもないのに、眺めたり、瓶から出して色分けして遊んだり。

私のビーズ人生、恐らくシードビーズから入って暫くシードビーズから離れてたんですが、この歳(34歳)になってまさかのシードビーズに戻って来るとは誰が予想出来ただろうか(゚∀゚)アハハハハハハ

ビーズ刺繍始めなかったら、きっと全然戻って来なかったと思うシードビーズの世界。
そう思うと、人は何が切っ掛けで何を好きになって、何を求めるのかって全然分からないなぁ、って思いますね。

ビーズでアクセサリー作るのが趣味です、って言うのも中々に人に説明しづらい所もある。
何故かって、人によってはビーズ=「子供の頃にやってたもの」または「子供の遊び」って認識の人が世の中には一定数いらっしゃるのでね。
実際、「何か趣味ある?」って聞かれて、私が「硝子が好きなので、硝子のビーズを集めてます」って言うと「え? ビーズってあの、ビーズ?」って不思議そうな顔する人が殆ど。
そして大抵の方は「ビーズって、あの子供が糸とに通して遊ぶ奴でしょ」と言うわけです。
チェコビーズもスワロフスキーも、とんぼ玉もビーズに入りますよ~、って心の中では思うんですが、まぁ、女性ならスワロフスキーやとんぼ玉を知ってる人もいますが、やっぱり圧倒的に知られてないのがチェコビーズ。

自分がチェコビーズ好きで十数年蒐集してるので、「チェコビーズって?」「え? チェコってあのチェコ? ビーズ?」って言われると結構、新鮮(-∀-)

あ、話が逸れた。

で、そうそうビーズの話。
まぁ、興味の無い方からしてみれば、そういう反応ですよねー、って思うビーズ。
私も最近チェコのシードビーズや広島ビーズにお熱でしたが、ちょっと前に浅草橋のサン・びーどるさん(☆☆☆)で見つけた瓶入りビーズ。

可愛い。
しかし、何に使おうか、と悩みつつ、けれどもそのお手頃価格もあって、なんか気付いたら買ってました(笑)

だって、十本入りで、これですよ。
DSCF8688.jpg
税込540円。

色合いも可愛い(*´v`)

基本は丸小。でも、丸大もある。
とりあえず買ってみたって感じでしたが、今は刺繍の練習用に使おうかな、と思ってます。


DSCF8703_201806171135498df.jpg
あと、先日minneで購入したチェコシードビーズ80色(記事はこちら→ ☆☆☆)をBASで買って来た小さなジップ付きパックに入れ替えました(〃▽〃)
(もう一週間程まえですけどね)

これで色の組み合わせを見て刺繍に使える。
82色もあったので正直入れ替え作業がやってもやっても終わらなくて(笑)

お、終わんない……、し、幸せな時間……(〃▽〃)ハァハァ
ってなってたけど(笑)

現在、別件趣味が修羅場でしてね。(いつもじゃね? とは言わないで下さい)
一旦刺繍はお休みしてる状態で、別件に集中~!! と思ってたんですが、まぁ、見事に扁桃腺腫らして発熱して寝込んだ週末です。
(゚∀゚)あははははは オモシローイ!! (←もう笑うしかない状況)

扁桃腺(今は扁桃腺って言わず扁桃って言うらしい?)って、喉の奥にあるもので子供の頃はよくそこを腫らして高熱出してたって、今は亡きばーちゃんにいわれてたんですけど、どうにも今回は咽頭扁桃腺って言う鼻の奥にある扁桃腺が炎症を起こした様で……(´・ω・`;)
意識ある時の最高温度は38.6℃まで行きました。治まっても37℃前後を行ったり来たり。
人生で初めて鼻の穴にカメラ突っ込まれて自分の鼻と口の中の映像を見ました。
最初は気管にお茶が入って噎せて、それから調子が悪いですって言ったので病院の先生も「気管が炎症起こしてるのかも。鼻からカメラ入れて見てみましょう」って言われて、いざ入れてみたら気管に辿りつく前に鼻の奥(咽頭)見て「あー、鼻の方が酷いね~」って。
思わず、カメラ入ったままなのに「うぇっ!?」って言いましたよね。
だって、ずっと喉が痛いと思ってたんだもん(゚д゚)
嚥下痛もあったし、熱がちょっと下がったら冬の時みたいに水飲むのも、唾液飲むのもしんどくて。
でも、先生が「これね~」って見せてくれた画像では、喉はまぁ、ちょっと腫れてたけど綺麗なもんで。
鼻、と言うか咽頭の所は炎症起こして腫れて真っ白。ついでに痰みたいなのもおりまして。

自分がずっと喉が腫れて痛い~って言ってたの、実は鼻の奥だったという事実……orz
この痛み、冬にやったのと同じなんですけど、まさかあの時もこれだったのかしら……と今更ながらに小首を傾げております。
だってあの時も嚥下痛酷かったのに、先生が喉見ても「んー? そこまで腫れてないけどね」って言ったんだもの( ノД`)
あの時は本当に喉の腫ればかり意識が行って、鼻水も出て無かったから自分も先生も鼻にはあんまり意識向けてなくて。

でも、今回の痛みと前回の痛みは結構似てるんですよ。
痛んでる部分も同じ、と言うか私にとっちゃ喉の奥、としか形容出来ない場所。

ちなみに二日発熱して、今日はやっと熱も落ち着きました。
そしたら患部の炎症が際立って、めっちゃ腫れて痛い……( ノД`)

場所がねー、咽頭の多分、これ一番上の鼻と喉がぶつかる所らしく。
喉と繋がってるから嚥下痛は普通にあるし、咳も容赦なく発作のように出ます。
でも、まだ喉(食べ物飲み物通過する位置)だったなら、温かい飲み物とか蜂蜜入れた飲み物とか飲めば多少潤って咳も止まるし、痛みも少し緩和されるのに、今回の場所、口から入った物が通過しない位置なので、全くの意味なし。

一回咳が出ると水分とっても止まらないし、嚥下痛は酷いしで、もう結構かなり真面目にちょっと冷ましたネギスープや蜂蜜大根の汁を鼻から啜ってやろうか……。もしくは口に目一杯含んで逆立ちして逆流させたらいいんじゃね……(ΦωΦ)なんて普通に考えたら相当にくだらない事を至極真面目に考えて実行しそうになる程に、痛い……。

一応病院で抗生物質貰って飲んでるんですが、これがまた効き目ゆっくりさんなのか、中々効いてくれなくてですね……。
幸い、熱も引いた今では患部の炎症の痛みと咳に症状は落ち着いたので普通に起きて動いてますし、食欲もあるのでモリモリ食べてるんですが、痛いもんは痛い……。

なんだろうなぁ。
季節の変わり目だからかなぁ。

今回、金曜日に突然なって「あ、ヤバいかも……」と早退して早めに対処したんですが、それでも駄目でした。
突然くるので、皆さまもどうかお気をつけて。

……ちなみに鼻から啜るのと、口に含んで逆立ちってどっちが現実的だと思います?
(相方にはどっちもやめておきなさい、って冷静に止められましたけど)


はじめましての方もいつもの方もありがとうございます|ω・`)

スポンサーサイト

トラックバックURL
http://verde12.blog.fc2.com/tb.php/1280-f4716a9f
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top