2018
02.13

失敗は成功のもと。

Category: ビーズ刺繍
DSCF7446_201802120016099c6.jpg
蝶々。

縁取りして順に外側からぐるぐると刺して行ったんですが、まぁ、「とりあえず」の感覚で刺したもんで、左右のバランスが非対称。
ついでに中央もかなり歪。

でも、全体的なバランスはいい方かな、と。

多分、恐らくですがシードビーズだけを真剣に刺繍した初めての作品……かも。
色合いは結構気に入ってます。
でも、外側から刺して行くうちに徐々に真ん中のバランスが取れなくなっていくのをひしひしと感じて、でも修正出来ないままに最後まで刺した作品。

結構刺すの大変だったので最後まで刺し終えた達成感もあり、それと同時に綺麗に完成させられなかった悔しさもありますが、自分の癖だとか、次に刺す時は何を気を付ければ良いのかは、何となく感覚は掴めた感じ。
もう、ここまで来るとどんどん刺して手と体と感覚で覚えて行くのが一番良い様に思うので、練習あるのみ。
どんどん刺しましょう。

DSCF7469_2018021300102153a.jpg
ってなわけでどんどん刺してみたわけです。

DSCF7466.jpg
ちっさいモチーフならば刺し終わるのも早いし、修正する部分にも気付けそうかも、と思ったんですが、なんかちょっと物足りない感がありまして。

DSCF7465.jpg
こっちの蝶々はおおよそ手の平サイズ。
びっしり刺しました。
ちくちくちくちく。ひたすら黙々と刺して、ビーズの並び方のバランスや、自分の刺し方の癖を見てみました。

2/3まで刺した所で通りかかった相方が覗きこんできて「凄い! でも! マゾい!」って叫ばれました(笑)

実はこっちは最近手に入れたビーズの本に触発されたのもあって、練習ついでに試しに刺してみたんです。
ビーズの本はまた別途紹介させて頂きますが、その本の中で紹介されているビーズバッグの刺繍が凄くてね~(-∀-)
見た時は「うわっ! 凄い!」と思ったし鳥肌立ったし、その面積の広さに対する刺繍の細かさに「……気が狂いそう」とも思ったんです。

でもねー。
なんかそれと同時にちょっとワクワクしてしまいまして。
世の中には、こんな細かな作業で、こんな素敵な作品を作り上げる職人さんがいるんだ……!! と。
これ、自分でもやってみたい!! って。

そんなわけで、蝶のフリーイラストをクッキングシートで写し取って、それを切り取り更に画用紙に枠を写して、その画用紙を切り取ってフェルトに外枠を写して、ちくちく刺してみました。
意外と最初に刺した蝶々から学び取った失敗はきちんと反映されてそこまで歪にはならなかったのではないかな、と。
ちなみにこの蝶は一種類のビーズで刺してます。
外枠だけは中に青い糸を使ってるので、色が着いている様に見えますが、全部同じビーズ。

ええと、刺し終えた感想としましては。
「翅の内側刺すの、めっちゃ楽しい!!!」でした。

やっぱりまだ左右の流れのバランスは歪ですが、それでもちょっとずつ良くはなっていってるかな、と思ったり。
ちなみにこの刺繍、触ってても楽しい(。>ω<。)ノ
……ので、暇さえあれば何となく触ってしまう(笑)

刺して何が作りたい、とも今の所は無く。
サイズ的にはブローチにも出来るかな~、ぐらいには思って刺してるんですが、全然ブローチに仕立てる気も今の所は無く。
兎に角刺したい。
作りたい。
って言う気持ちのままに刺してます。

ちなみに白い蝶は五時間半ぐらいの作品。
今日、新しいフェルトに二匹分の外枠だけ縫い終えたので、またチクチク刺して行こうと思います♪(o・ω・)ノ))

いつかフェルトをキャンバスに見立てて、大きな花の絵とか刺してみたいものです。
そんなわけで、失敗もどんどんしていこうと思います。

ちなみになんで蝶なのかと言うと「蝶は幸運の象徴」ってのをどっかで見かけて「素敵!」と思ったからです。
そのうち、蝶以外も刺してみたいなぁ(*´v`)


はじめましての方もいつもの方もありがとうございます(^∇^)

スポンサーサイト

トラックバックURL
http://verde12.blog.fc2.com/tb.php/1236-0b9ed2ce
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top