FC2ブログ
2017
12.03

竹ビーズとインドビーズ。

Category: ビーズ
今回はラティーフさんで購入した竹ビーズとインドビーズのご紹介(^-^)/

DSCF6489.jpg
ラティーフのお姉さんに「刺繍始めたんだったら、竹ビーズとかも気になってくるよ~」って言われて「ね~、ヤバいっすよね~」って笑って返してたら、棚から出てきたよね……orz
これがまた綺麗な色でしてね~。
竹ビーズ買うのなんてまだまだ先よねー。って思ってたけど、あまりの綺麗さに真顔で無言で受け取っちゃったよねー。

DSCF6493_20171203192326533.jpg
こちらも「薄い色のもあるよー」って出て来まして。
これも大変良い色でございます。

一緒に買ったスパンコールとも大層合うお色で。。。

お姉さん曰くこちらの竹ビーズは「ヴィンテージ品」だそうで。
ああ、でも確かに現行品でこんな綺麗な色の入り方のビーズって見ないかも、ってぐらいどっちもしっかりしっとり色が入り込んでて綺麗なんですよ(゚∀゚)

DSCF6496.jpg
ラティーフさん、最近インドビーズの仕入れもはじめられたようで。
こちらのツートーンカラー、大好物の色味でした。

DSCF6501.jpg
インドビーズって素朴さとかちょっと雑な感じが売り、みたいな所あったけど、今回買わせて頂いたのは結構クオリティ高い感じ。
そりゃ、本場のチェコや、細かいの得意な日本産とかと比べれば、まだまだ荒い感じですけど、これはこれで味があっていいもんですヾ(・∀・)ノ

ラティーフさんの福袋、さっき見に行ったらスパンコールもシードビーズも売り切れてた~(;д;)
やっぱり人気なのかしら。。。
いや、ビーズ刺繍やる人だったら、どっちも気になる福袋ですよね。
しかも他に余計な物が入っていない純粋にそのパーツだけだと思えば、色違い、デザイン違いが色々入ってるのはありがたい。
なんて言うんだろう。まぁ、他の使い道に悩むものが入っていないだけ、安心感はあるかな、と。
スパンコールだけの福袋なら、その時点で「スパンコールが欲しい人」には最高ですもんね。

とりあえず私は福袋販売開始後に数日悩んで、スパンコールの方だけは予約しておりまして。
まだまだ初心者だからこそ、遊び心で色んなスパンコールを見てみたいって気持ちが勝ちましてね。
あと、他のお店の福袋の情報を色々見始めてるんですが、今のところ、ピンと来るものが他になくて。
シードビーズも悩んでたんですが、スパンコールよりも在庫をたんまり持っているもので、どうしよっかな~と悩んでたら売り切れていた……orz
うーん。いいかなー。
シードビーズって他の所の福袋に入ってる可能性もあるしなー。
うーん。
とりあえず第二弾受付開始の25日まで悩んでおきます。
買ってたら笑ってやってください。

あー。そう言えば去年は装いさんの福箱があったからすんごくワクワクしてたのを思い出しました(*´v`)
いや、今年は今年でスパンコールでワクワクしてるんですけど(笑)

福袋、なんだかんだで毎年何かしら買っちゃうんですけど、やっぱりワクワクさせてくれるのでいいですね(*´v`)
そんでもって、五年以上前に買った福袋の中身を今になって使いはじめたりしてるんですけど(主にシードビーズ)

今年の福袋は自分の趣味嗜好が結構変わったせいか、やっぱり色んなものが入ってます、的なものだといまいちピンと来なくて。
悩んだのも今のところラティーフさんの二種類だけ。
もう一つぐらい他のお店のも買いたいなぁ、と思いつつ、年明けの素材博とかShiffさんの福缶(2月か3月あたりと聞いているので)待ちを狙ってお財布の紐を固く結んでおくかどうか悩みもの……。

うーん。
なんて贅沢な悩みだ(笑)

そういえば。
新しい刺繍糸を買い足しました。
IMG_c62bho.jpg
なんか、お正月みたいなめでたい色味になっちゃてるのには、帰ってから気付きました。
私の心はクリスマスを通り越しているらしい(笑)

刺繍糸、特になんの意識もせずにDMCの25番を使ってます。
いざ、刺繍糸買うぜ! ってなった時にDMC、OLYMPUS、COSMOと各メーカーがある事に改めて気付き、えー。どうしようかなー。と思いながらユザワヤの刺繍糸コーナーの棚の前で悩み、まぁ、とりあえず、と手に取ったのがDMCだったので、もうそのままDMC固定で(笑)
特にこだわりはないので、何となく見た色で気に入ったら他メーカーも買い足して行きそうですが。

ちなみに画像では上手く伝わらないのですが、赤はちょっと渋めの朱色みたいな感じで、白はほんのり青っぽいグレーの混じった様な色。こちらはDMCさんの新色だそうで。
渋くていいわ~。
鮮やかな色味のは持ってるけど、赤系も白系も良く使うから買っておこう~、ってなって買いました。
手元に置いて見てもいい色。
金色っぽいのは、金色のビーズを使う時用に、と思いまして。

調べたら世の中には「DMC社25番刺繍糸見本帳」なるものが販売されているようで。
見た瞬間に「うーわー!! なんじゃこりゃー!! 欲すぃー!!(゚д゚)」って一気にテンションMAXになりましたが、お値段を見て一瞬で素に戻りました(笑)
今回の新色35色追加で、私が見たサイトさんでは税抜き6,000円でございました。
うーん。そんだけあったら自分の使う刺繍糸買うし、ラティーフさんのシードビーズ福袋買っちゃうな(笑)
刺繍のお教室とかやってる方とか重宝しそう。

ついでに画像の三つ編みですが、ネットで「刺繍糸 保管方法」とかで調べたら出てきた「三つ編み収納法」です。
刺繍糸、いざつかうぞ! って時に6本から使いたい本数を抜くわけですが、買って来た状態のままだと使う長さまで解いて切って、そこから使う本数を抜く時に、必ず糸が絡んで必要本数が抜けず「くそ~~~」ってなってまして(´・ω・`;)
でもって、必要本数抜いた後の、本体から抜いた糸が中途半端になっちゃうわけでして。

・使いたい色の糸を直ぐに必要本数取り出せない。
・ばらけた糸の管理に悩む。

と、実は刺繍糸を使う上で、上記の二点がすんごくストレスだったんですが、この三つ編み収納法を試したら、そこらへんのストレスが激減したんです!!(なんだろう、このテレビショッピングみたいなノリ)

三つ編みをゆるめに編むと取り出しやすいと感覚でも分かってる筈なのに、どうしても三つ編みをきっちり編みたくなる性格が災いして、時々取りにくい糸もありますが、でも、これは私的にすんごく便利(^∇^)
先人方の知恵に感謝です!
あ、ちなみにこの方法、買ってきて一度も使ってない状態でしないと駄目です。(経験者)
中途半端に使った糸だと、長さが半端になっちゃって。
なので、買ってきたら未使用の糸でまず編み編み推奨。

ちなみに、ビーズ刺繍を始めるにあたってビーズ用の針を買ったんですが、その針に「#60より下のサイズの糸をご使用ください」みたいな事(ちょっと違うか? とりあえずこれに似たような感じ)が書かれてたんで細い糸を別に買ったんですが、とりあえずド素人の怖い物なさで色々試した結果、刺繍糸の一本取りは普通に刺せる事が判明。
針穴に普通に通ります。大抵のビーズも二回は潜れます。(物によっては二回通すのキツイのもありますが)
これ、細いの使ってって書かれてるのは通らないビーズが出てくるからなのかしら? と何となくそんな事を思ってますが、今のところ、力技でどうにかしてるので、問題は無さそうかと(* ´ ▽ ` *)ふふっ

最近、ブログがちょっとのんびり更新だった為に書きたい事が色々あるもんで書いちゃいますね。
脱線しまくりですみません(-∀-)

そーいや、風邪はどうなったかと言うと。
金曜日発症→土曜日に喉の痛みで起きてビビって朝一で病院→日曜日安静→月曜日に炎症がちょっと治まったので出勤→火曜日、全身のだるさが酷くて欠勤→水曜日、元気になったので出社するも咳、くしゃみ、鼻水が出て、明らかに症状が変わったので退勤後に病院行って、喉を焼いてもらうのと違う薬の処方をして貰う→木曜日、出社するも咳が酷くて早退→金曜日、ちょっとずつ良くなってきたけど咳だけが残ってしまったので安静の為欠勤。って流れです。

なんか発作みたいな咳がずっと止まらなくて。
木曜日に早退した時は咳し過ぎて体力ゲージがほぼゼロに近くて、ぜーはーしながら15時過ぎに「あのー、そろそろ体力の限界に近いので早退を考えています……」と言ったら部署の人に「限界に近いのは見てたら分かる」「ゼロになる前に帰りな」って言われるぐらいにぐったりしておりました。
そして、早退して乗った電車になんちゃってインテリ系のサラリーマンが乗っていたのですが、奴の香水に喉が刺激されて、4駅ぐらいずっとげほげほ噎せて泣いてました。
車両を移動しようにも、下りようにも咳が止まらず見動き取れず。
車両の連結部分で咳しながら泣いてる怪しい女でした。。。

今日になってやっと咳も落ち着きまして。
ちょっと買い物行った時に一度咳こんだだけでした。

明日は溜めちゃった仕事を片付けるぞー!!
なんて思いながら、普通に生活出来る幸せを噛みしめてます。

いや、もう、ホントに。
今年の風邪はヤバいヽ( ̄д ̄;)ノ
特に喉風邪。
あれ? って喉に違和感感じた時にはもう手遅れ……、みたいな感じです。
本当に皆さま、お気をつけて。

はじめましての方もいつもの方もお読みいただきありがとうございます((^∀^*))
スポンサーサイト




トラックバックURL
http://verde12.blog.fc2.com/tb.php/1197-3455b4b9
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top