FC2ブログ
2017
12.01

スパンコールは奥が深かった。

Category: お店紹介
はっきり言って、これまでスパンコールというものの素晴らしさが微塵も分からなかったんです。
元々ガラス以外にそこまで興味がなくて。
天然石やレジン、シルバー(粘土)にも興味を持った事はありましたし、ちょっとだけ手を出しました。
でも、なんかこう、違うな、と思って離れてしまって。
自分はずっとガラスばかり見続けて行くんだろうな~、なんてなんとなく思っていたわけです。

……が。

人間。
どこに落とし穴があるかなんて、これまた微塵も分からないもので。

ビーズ刺繍に落ちたら、スパンコールが気になって気になって仕方がありません( ノД`)oh...

いや、スパンコールって凄いんですよ!
あんなぺライくせして(悪口じゃないです)、ちょっとだけでも作品に使うと凄く表情豊かにすんの!
スパンコールで咲かせた花は物凄く綺麗なんですよ!
勿論、スパンコールだけじゃありません。
シードビーズとスパンコールが合わさってこそ、ってとこは大きいけれど。
片方だけでも素敵な物は作れると思います。
でも、両方揃うと本当にどんな表現も出来るんだろうな、と思う。

まぁ、そんなもんでー。
先日、会社帰りに武蔵小山のラティーフさん(☆☆☆)に駆け込みましたよねー。

いえね。
実はその前日にどうしても新しいスパンコールが欲しくなって、会社の近くや家の近所で帰り道に寄れる手芸屋さんを検索したんですよ。
したら、不動前にチリアエンブロイダリーショップ(☆☆☆)さんってショップさんがありましてね。
オートクチュールビーズ刺繍のお店、って事でスパンコールの取り扱いもありそうなので行ってみたんです。
行ってみた感想。

「マダムが好きそうだな~」

でした(笑)
キットや作品の販売がメインで、スパンコールもあるにはあるんですが、同系色MIXか、同じ形の色違いが五点以上セットになってる、まぁ、その……お値段お高めのちょっと初心者が手を出すには「ん~」って思っちゃうような感じ。

でも、折角来たしなぁ。新しいの欲しいしなぁ。
と思って。

DSC_1279.jpg
こちらの二つをお買い上げ。
ちなみに、メタリックの黒MIXはこれで税抜き200円(レジ横の籠にちょっと入ってたので、入れ替えとかで売り出し中だったのかな、と予測)。ピンクの方は税務き500円でした。
どっちも色味としてはいい。
ただ、やっぱりMIX故に、使いたい形や色をまず選定するのがめんd……、いえ、大変だな、と。

DSC_1311.jpg
でもね。選定してお花とか刺しました。
不透明ピンク、やはり可愛いな( ̄^ ̄)

でも、出来ればこう、使いたい色味と形だけのパックが欲しいな~、と思いまして。
実はチリアさんに行く前に、ネットでどんな商品があるか、とちょっと調べて行ったのです。
どうにも過去の画像ではMIX売り以外のパックもあったみたいで。
で、行ってみたんですが、実際に販売されているスパンコールは前述の通りのもの。
だから「青色の、この形が欲しい」とか「ピンク色の、形違いをいくつか買いたい」とかは買えないわけですよ。
お買い物してる時に、お店の中に掛かってた大きなカーテンの向こうがちらっと見えまして(丁度通りかかった位置で斜めに隙間が開いてましてね)。
どうにもそちらはアトリエの雰囲気。
その奥の壁には色別、形別のスパンコールが見えたので、試しに店員さんに「スパンコールって、こちらに出てるだけなんですよね?」と聞いて見たら「そうです」との回答。
なるほどねー。
ここから奥には選ばれし者しか立ち入れないのね、と納得して帰ってきました。
お店、というよりは有名な先生のお教室がメインのよう。
雰囲気もお洒落な感じ。
お教室やキットが気になる方にはいいのかもしれません(-∀-)

私のようなど素人の庶民には、ちょっとまだ敷居が高かったなー。
ちょっと行くタイミング間違えたか? と思ったぐらい。

で、そんなわけでスパンコールはゲットしたものの、ちょっと不完全燃焼気味で。
翌日に武蔵小山のラティーフさんに突撃したわけです。

お店のお姉さんに「店内撮ってブログのっけていいですかー?」って聞いたら「綺麗に撮ってくれるなら」って言われたんで、今回撮らせて頂きました。

DSC_1324.jpg
まず、こちらはスパンコールの棚。
全面、全てスパンコール。

DSC_1322.jpg
ちょっとだけアップ。
もっとアップで撮れば良かった、といつも後で思う……。
イベントに出荷する様の一パック売りのものもいくつか店内に点在してますが、前面のスパンコールは全部ジッパー付きの袋に入ってて、袋ごとレジに持って行って「○○gください」って言う方式。
ちなみにスパンコールは大体1g100円~200円ほど(中にはもうちょっとするのもあるかな)。
(武蔵小山店は1gからの販売、浅草橋は2gからの販売になるそうですが)

DSC_1323.jpg
スパンコールの右側はウランガラス系。
こんだけ揃ってるのも中々お目に掛かる機会がない(*´v`)

DSC_1327.jpg
スパンコールの左側はパールや天然石のコーナー。

DSC_1326.jpg
更に右に行った突き当たり。
チェコビーズのコーナー。
一つのケースの中(色別になってる)に、数種類のデザインビーズが入ってるので、自分好みのビーズを探すのが凄く楽しいです。
まさに宝探し。
ちなみにこの裏側がレジになります。

DSC_1320_20171124002254074.jpg
お店入ってすぐの左手の棚は瓶入りのシードビーズや一部チェコビーズがびっしり。

DSC_1318_201711240022250e7.jpg
浅草橋のラティーフさんは基本的にこのスタイルでチェコビーズを並べてますが、武蔵小山店はこの棚二つ分だけが瓶入り。

ちなみに、写真に撮れないだけで、他にも資材はわんさかあります。
寧ろ、店員のお姉さんに「こういうのが欲しい」「こんなの作りたい」って伝えると溢れる資材の中から発掘(あれは最早発掘以外のなにものでもない気がする……)してくれます。

今回、ビーズ刺繍に嵌まってから武蔵小山のラティーフさんに初めて行ったわけですが、お姉さんに「……ビーズ刺繍を始めました」と言ったら物凄くいい笑顔を浮かべながら次から次へとおススメのスパンコールやシードビーズ、竹ビーズを出してきて下さいまして。
チェコビーズの時もそうですが、この店員のお姉さんに趣味を把握されていると、次から次へと自動でビーズが出てきてとっても楽しい。

店内の、撮影出来た部分の資材だけでこんだけあるんですが、撮れない部分にも色々山積みで。
寧ろ、新しい物とかは、イベント用で調整してるのか、店頭に出てないものも、多い感じ?
チェコビーズに限ってはもう数年通ってる間にお姉さんに趣味を全て把握されてるので、なんか「これ好きそう」って物がどんどん出てくるわけですが、スパンコールとか竹ビーズは初心者なのもあって、「これいいよ」とか「これ、人気」「こっちは使うと華やかになる」とか、どんどんおススメが出てくる。
そして出てくるおススメが素敵過ぎる。

えー。まぁ、そんなわけで色々またお迎えしてきちゃったので、次の記事でご紹介します。

はじめましての方もいつもの方もお読みいただきありがとうございます(・Д・)ノ
スポンサーサイト




トラックバックURL
http://verde12.blog.fc2.com/tb.php/1194-60be6747
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top