FC2ブログ
2017
05.21

ビーズアートショーYOKOHAMA2017春でのお買い物①

さてさて。
やっと週末になりましたねー。
寝ましたよー。ものっそ寝ましたよー。
夜も寝ましたが、昼寝も三時間ほどぐっすりと。
そして、気付いたら土曜日が終わった、と(笑)
でも、今週は私的一大イベントもあったので、肉体的にも精神的にも結構疲労していたようなので、まぁ、久々に眠る週末も悪くはないかなー、と。
おかげで色々とすっきりしました(^-^)/

では、皆さまお待ちかねの私のBASでのお買い物をご紹介させて頂こうかと。
(待ってない人もいるかもしれませんが、このカテゴリ、もう私の定番なものでね。すいませんね~)

DSCF0389.jpg
まず最初のご紹介はやっぱりMelting Pointさん。
お花のビーズと、最近凄く心惹かれる濃い目のピンクの丸玉。それと、小判型のかわいこちゃんをお迎えさせて頂きました!

DSCF0391_20170520165135b6d.jpg
ツイッターで見た時から「欲しい! めっちゃ欲しい!」って思ったストロベリーフィールド。
ちょっとしかないので~、ってちゃこさん(Melting Pointの中の方)ツイッターでも仰ってたんですが、確かにこれを大量に作るとなると凄く大変そう、と手元に迎えてしげしげ見ながら思いました。

DSCF0455.jpg
普段、初日に行く事なんてないし、折角だし、もしもお迎え出来るなら! と真っ先にブースに向かわせて頂いたんです。
やっぱり人気で、私が到着した時点で残り10粒もなくてね。
でも、残っててくれてすっごく嬉しかったなぁ(* ´ ▽ ` *)

DSCF0465.jpg
今回は赤系統メインでお買い物。
シロツメクサも気になったんですが、やっぱり意識はこっちに行ってしまいまして(笑)
次回も素敵な新作楽しみにしております!!


DSCF0410.jpg
お次のご紹介は、こがらす堂さんです。
会場でお見かけして、不思議な形、色使いに吸い寄せられたお店。

DSCF0480.jpg
金平糖のこの色がすっごく目に止まりまして。
金平糖って形可愛くて好きなんですよ。でも、中々上手く使いこなせなくて、あんまり持ってない。
この子と、今回一緒に青一色の子もお迎えさせて頂いたんですが、今から色々使い道を考えて悩んでます(笑)

DSCF0483_20170520165243826.jpg
あと、この子もね、可愛くて。
本当は一回目のお買い物の時には買わなかったのに、こがらす堂さんとお話させて頂いてからじっと眺めていたら、どうしようもない愛着の様なものが湧いて、「これ、ください」と言ってました。
私の写真じゃ、あんまりきらきら感が伝わらないんですが、このガラス、すっごく綺麗なんですよ。
きらっきら、してるの。
でも、丸くて柔らかいの。そこが素敵なんです。

DSCF0423.jpg
どうしてもガラスってカットガラスのキラキラには勝てなくて、でもそれでもカットグラスのキラキラに負けないきらきらなガラスをバーナーワークで作ってみたい、ってこがらす堂さんは仰ってまして。
なんてステキな試みだろう、って共感しました。
そんなこがらす堂さんの作られるガラスは透明感やばいです。丸いけど、凄くきらきらしてる。
(もう、これは画像じゃ伝わらない。機会があれば是非手に取って頂きたい!)

DSCF0476.jpg
形も個性的で魅力的。
さて、このきらきらをどう生かして、どう使おうか、と制作ゴコロをくすぐられます( ^ω^ )
今回色々とお話をお聞きしてる中で「輝きと、形を思う通りにしようと思うと今度は強度の壁にぶつかって色々と大変でした」お聞きして、そうか、と目から鱗でした。
形、質感、透明度、輝き、柔らかさ。
それらを全て理想通りに作れたとして、それが実用に耐えうるかどうかは別物。
ガラス作家さんって言うのは、そういう部分も考えて作らなければ折角作った可愛い子でも、売り物としては世に出せないわけですよね。
改めて、私が好みのガラスビーズを手にして眺めて「可愛い~、めっちゃ可愛い~、幸せ~」と幸福に浸れるのは、たくさんの苦労の末にそうやって世に出せるビーズ達を作りだして下さった作り手さん達の努力の賜物なんだな、と思ったのです。

大げさかもしれないですけど、自分じゃ作れないから余計にそう思うのでしょうね。
それこそ、今までに出会った作り手さんにも、今回初めてお会いしたこがらす堂さんのようにはじめまして、の作り手さんにも本当に感謝です。
この子達を作ってくださって、世に出してくださってありがとうございます、と心から思います。

いつか自分もバーナーワークでガラスを作ってみたい、と思っている部分もあるので先達の方々のそう言った考えや気持ち、技術に触れられる事が凄く嬉しい。

こがらす堂さんにも、またお会い出来たらいいなぁ。
東京にいらっしゃる時にはまたブースにお邪魔させて頂こうと思います。


DSCF0414.jpg
ご紹介記事①の最後は毎回BAS春で、毎回お邪魔させて頂いているLa,Karuさんのガラスピン。
La,Karuさんは個人ではなく、自由が丘にあるビーズショップ&スクールで、こちらのガラスピンたちはそちらの職人さんが制作されているものだそうで。(初めて行ったBASでお話させて頂いた男性が多分そのご本人だったかと)

DSCF0562_201705210020104eb.jpg
いつも買うサイズはLサイズ。
毎回新色があるので、ついつい手が伸びちゃいます。
今回は、オレンジ、シャンパンゴールド、ラベンダー(だったかな?)を選びました~。

DSCF0569_20170521002013803.jpg
でもって、これまであんまり見た事なかったLサイズの上も大きいサイズもお迎え。
クリアにカラーの入った美しい子たち。
La,Karuさんのガラスピンって自分用のアクセサリーに仕立てるのも良いんですが、なんか人様への贈り物に使いたくなるイメージ。

次の新色も楽しみです。
いつか、お店にも行ってみたいなぁ(←これ、多分数年前から言ってます。近いと逆に中々行かないんですよね(´・ω・`;))


今回のBAS、自分でも「わたしゃはBASの回し者か」と思うほどに色々ツイッターで呟きました(笑)
このブログの事をツイッターで紹介したのも初めてです。
まぁ、初めて初日に行けて「もし残りの二日で行く人が居るのなら、私の情報で良ければ共有しとこうかな……」的な気持ちもあったんですが、もっとたくさんの人にBASを知って頂いて、これからもBASが盛り上がればいいなぁ、と言う思いも密かにありまして。

ツイッターで呟いたりここで記事にしちゃうと、それだけ自分のガラスビーズの購入先が広まって買い手としてのライバルが増えるわけですから、正直そこに葛藤がなかったわけじゃないですよ(笑)
買い手が増えれば、それだけ私の手元にお迎えできたかもしれない素敵なビーズがそちらに旅立ってしまう可能性が高くなるわけですからね。

でもね、それでもいいかな、と思ったんです。
ビーズとの出会いって縁だよね、と。
大層な言い方になっちゃうかもしれないんですけど、出会える時には出会えるし、出会えない時はとことん出会えない。
過去、僅差で手元に迎えられなかったものもたくさんあります。
でも、自分の手元に来なくても、それは誰かが「欲しい」と思って、そう思った人の元に行って、それで大事に使われるならいっかなー。みたいな。

誰かの「これが欲しい」って思う気持ちが作り手さんに伝わって、それでその作り手さんのやる気とか創作意欲に火がついて、どんどん素敵な品を作りだしてくれればいい、と思うのです。
勿論、私もお迎え出来る物が増えて嬉しい! ってなるしね(*´v`)

そんなわけで今回の記事でご紹介させて頂いたブースさんのHP等のリンクなど貼っておきます。
気になる方は是非ご覧ください~。

Melting Point→☆☆☆
関東への出店、次回は秋のBASのようです。またお会い出来るのが楽しみです!

こがらす堂さん→☆☆☆
現在、HPはまだ準備中~(´∀`σ)σきっと素敵なビーズ達が並ぶに違いない。

La,Karuさん→☆☆☆
お洒落なアクセサリー作りが学べるみたいですよ!気になる方は是非~。

紹介記事、まだ続きますよー。

はじめましての方もいつもの方もお読みいただきありがとうございますヽ(´∀`)ノ
スポンサーサイト




トラックバックURL
http://verde12.blog.fc2.com/tb.php/1080-855db14b
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top