FC2ブログ
2017
05.05

青、ふたつ。

Category: ビーズ
DSCF9894_20170504223052e74.jpg

DSCF9899_20170504223053760.jpg

DSCF9884_2017050422304921e.jpg

DSCF9888_2017050422305025e.jpg

ラティーフさんに行った時に店員のお姉さんに「これとか好きでしょ」って出されたビーズ。
好きです。
めっちゃ好きです(。>ω<。)

上のFPラウンドは結構大きめ粒。
多分10ミリ超えてるんですけど、最近ごろっと大きいのも好きでブレスレットに使うんで、この色合い最高!!

キューブは言わずもがな。
このマーブル感が堪りません~(*´~`*)

どっちのビーズも「こういうブレスレットにしたいなぁ」ってイメージがあるんで、ちょこちょこ形にしていきたい所存。



ちょっと雑談。(長いし、ビーズとか制作に関係ないんで、興味無い方はスルーしてくだせぇ)

今日は同居人と出掛けて来まして。
楽しい時間を過ごしたんですが、半年ぶりぐらいに会った知人と話をしていて、その子のお父さんが子供が「やりたい」「やってみたい」って言う事にたいして、必ず「いいんじゃない。面白そうだし。やってみなよ」って言う方らしく。
たとえ失敗しても「失敗も経験だよ。いい経験したね」って言うらしんですよ。
で、新しい物好きで、なんでもかんでも興味を持った事はまず自分でやってみる、って人らしく、知人は「もうすぐ60に手が届くのに、本当に落ち付きがなくて困っちゃう」って苦笑い。
でも、その笑い方が優しくてね。ああ、凄く親子の仲がいいんだろうな、って思いました。
その子も凄く良い子でね。個性は強い方だと思うけど、それがまた魅力的な子で。
色々喋ってたんですけど、楽しくてあっという間に時間が過ぎました。

その子のお父さんの話を聞いて、しみじみ「あー、そういうお父さんめっちゃ羨ましい! ずるい!」って思っちゃいました(笑)
うちの父はね、「女に学はいらない」って本気で思ってて、それを堂々と娘に言っちゃう人でね。
「女に学があって何の役に立つんだ」って当たり前に言う人でした。(←過去形になってるけど、まだ生きてますよ。)
私が学生の頃に興味を持った事に対しても「そんなんやってどうするんだ? 何の足しになるんだ」ってよく言ってました。
まぁ、私も当時は相当捻くれつつも、なんて言うかそんな父と話をするのも嫌で、直ぐに「じゃあ、いい」って諦めちゃう子で。

父としては多分そうやって直ぐに諦めるんだったら本気じゃないんだろ、と思ってたんだと思います。
(私としては、学生の身で我を通して大学やら専門に進むとなると、その時点で入学金やら学費やらで親に借りが出来ちゃうのが凄く嫌だったのもあったんですよねー。あと、意を決して伝えた事を否定されて、面倒になったのもありました)

なので、未だに父とは普通の、それこそ当たり前の会話が出来ない娘です。
一緒に居てもね、何喋っていいのか分からんのですよ(笑)
数ヶ月に一度食事するのに会う時も必ず同居人が一緒ですし、後妻さんも必ず同席します。(←いいクッション材)

同居人と後妻さんが居て、やっと場が持つ感じ。
多分ね、二人っきりで居たら「今日、あったかいね」「そうだな」「仕事どうだ」「まぁ、普通」みたいな会話して、三分も持たないっす。
なんて言うんでしょう。
父は私の出来る事、やりたい事、私の人生を知らないし、私は私で父の事を良く知らないんですよ。

知らないし、今更知ろうとも思わないから、会話がない。

だからしみじみと、人と話すって事は相手に多少なりとも興味が無ければ成り立たない行為なんだな、て思っちゃいます。
この人の事が知りたい。知ってみたい。だから話をしてみたい。興味がある。
まぁ、興味がなくても会話は出来ますが、そういう時の会話って大抵殆どの事が記憶に残んないですもん。

だから、と言ってはなんですが今日会った子のお父さんみたいに子供の言った事に対して「やってみなよ」って言える親御さんって凄くいいと思うんです。
尊敬します。
子供が人様に迷惑かけちゃうような馬鹿なこととか、どう考えても危ない事しそうな時はそりゃ止めてもいいと思いますけど、やっぱりね、子供が「やってみたいんだ」ってちゃんと言ってくる事なら、まず話を聞いて、そうして余程の事が無い限りは「やってみなよ」って言ってくれるといいな。
そこに一言「面白そうじゃん」とか「頑張れ」とか付けてくれたら、きっと子供は凄く安心するし、背中を押してもらえたようで嬉しい。

私もあの日あの時、お父さんに「やってみろ」って言ってもらいたかったな、なんて思うんです。
33歳にもなってね(笑) いや、今だからか。

でも、私は私で今が幸せなんで、人様の話聞いてもほっこりしちゃうだけなんですけどね。
やりたい事やってるし、「私、これがやりたいんだ!」って思う事も色々あるし同居人も居てくれるし、何より愛しい娘たちも居てくれますしね。
あの頃の経験があるからこそ、今の私が居て、今の生活を幸せだと思えるんでしょうね。

あの時色々諦め癖がついちゃって、それが今でも結構抜けない時もあるけど、前よりは粘る気持ちもあります。
自分の人生だもの、って思えるようになりました。

あー、でもやっぱりそんなとーちゃん(かーちゃんもだけど)、めっちゃ羨ましいわ!!(≧ω≦)

はじめましての方もいつもの方もお読みいただきありがとうございます(´∀`*)
スポンサーサイト




トラックバックURL
http://verde12.blog.fc2.com/tb.php/1068-7e150a9c
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top