FC2ブログ
2019
02.10

小さな蝶々のブローチ2

Category: ビーズ刺繍
DSCF0359.jpg
蝶々のブローチ。今週完成させたのはこの三色。

DSCF0366_20190210214212007.jpg
切りぬいた後、まとまった時間のある時に諸々の下準備をまとめて済ませておいて、後は平日の時間の開いた時に周りをかがる作業をしてたりします。

ちなみにこのブローチ、一個作る肯定をざざっと書くと下記の通り。

①作りたいデザインの型紙を用意する
②布(私はフェルト)に刺したいデザインを写す。
③使いたいビーズを用意する。(単色の場合もあれば、今回は手持ちのビーズの色を自分で調合しました)
④糸と針を用意。
⑤刺す。ひたすら刺して、縫いとめる。
⑥ビーズを縫い終わったら切り取る。
⑦中に挟む布と後ろの布を切り出す。
⑧後ろの布にブローチピンを縫いとめる。
⑨合わせて縫う布を接着剤やボンドで軽くまとめて貼りつけておく。
⑩⑨が乾いたら、周りを刺繍糸でかがる。(乾く前にかがってもいいけれど、下手すると針にボンドとかついてべたべたします)
⑪完成。
(↑なんとなく分かるかな~程度にすげぇ雑に書いてます)

私は一枚のフェルトに小さいモチーフならいくつか同時に描いてビーズを刺す工程を数個まとめてやっちゃいます。
で、これをまとめて切り出して、中に挟む布や後ろの布の切り出しも一変にやって、各セットが揃った所で場合によっては個々の作業を進めてます。
(バレッタとか大物は一つの枠に一個しかデザイン刺せないので、その場合は単体で最後まで進めます)

今は別件の文字書き作業も同時に進めてるので、周りをかがる準備だけしておいて、小説書いて詰まったらかがり作業。かがり作業しながらストーリー考えたり、思いついたり、刺繍への集中力が途切れたら文章に戻る、と言う流れで交互にやって集中力を保ってます。
(時々無性にビーズを刺したくなると刺し、ペンチを握りたい時は握ってます)

意外にどっちかやってて「あ、疲れた」とか「集中力切れたな」と思って作業を切り替えるとどっちの進みも早い事に最近気付きました(ΦωΦ)

頭使う作業と、そうでない作業を交互にやってるのが意外と良いのかも。

このシリーズの蝶々は、これであと残り6頭、じゃなかった4頭だ!!
さぁ、残りも頑張るかねー。

はじめましての方もいつもの方もありがとうございます(*^ワ^*)


スポンサーサイト
Comment:0  Trackback:0
2019
02.03

小さな蝶々のブローチ。

Category: ビーズ刺繍
DSCF0301.jpg
この子たちを、覚えておいででしょうか。

昨年の1月頃に、一度ブログでご紹介していた蝶々たちです。
全部で9頭(匹)でおりますが、私、切り出しだけ済ませて刺繍枠に新しいフェルト張ったら見事にこの存在をすこーん! と忘れてしまっておりまして(汗)
間に蓮の図案刺したり、この間ご紹介した中サイズの蝶々刺したりしてて、あれ? 何か忘れているような……となりながら自分のブログを遡ったら居ましたよね(-∀-)

ブログで見て、あれ? この子ら何処いったかね!? と探したら、きちんと箱の中に収まって出番を待ってました。
三ヶ月くらい放置して、大層申し訳ない……ってんで、現在急ピッチで仕立て中。

いや~。
別にまだ全然どこかに出すとか、販売するとかそういう事も決めてないんですけどね。
性格的に後回しにしてしまったらとことん後回しにしてしまうの分かってるんで、先に完成させてしまおうと思いまして。
とりあえず、二頭完成して、今、文章作業の合間の息抜きに三頭目に着手中。

DSCF0305_201902031604354cc.jpg
大きさは、こんな感じ。
ビーズする人なら持ってる三角トレーが比較対象。
持ってない人には分かりづらくて申し訳ない。(機会があったらどっかで見てみてくださいな)
三角トレーの一辺は約7.5センチにございます。(意外と大きいものだった)

大きすぎず小さすぎず、丁度良いサイズなのではないかと思うサイズ。(私的に)
今回は割とポップな色味で作ってるので、次はもうちょっと落ちついたダークな色味でも挑戦してみたい所です。

でも、丸や三角、四角に菱形、ハートに花に、と作ってみたい形は色々あるんですよね~(≧∀≦)

でも、とりあえず今は残り7頭の仕立てまで頑張って、それから次に刺すデザイン考えようと思います!

そんでもってある程度在庫が出来たらそれぞれにお家(箱)を用意して、委託とか通販とかイベントとか、ちゃんと考えてみたいと思います。
やっぱり今はまだまだ作るのメインでやっていたい時期。
(こういう時期に欲張ってあれこもこれもやると本当にどれもこれも中途半端になって駄目にしちゃうので注意)


はじめましての方もいつもの方もありがとうございますo(≧ω≦)o


Comment:0  Trackback:0
2019
01.27

蝶々のブローチ、ふたつ。

Category: ビーズ刺繍
DSCF0225_20190127120349f37.jpg
はい。お久しぶりの作品紹介です(=゚ω゚)ノ(自分で言う)

蝶々のブローチを二つほど。
ちょっと和っぽい色で仕上げてみました。

DSCF0218_20190127120346147.jpg
灰色と赤。

DSCF0220.jpg
黄色と赤。

どっちもビーズ箱の中でぱっと目についた色を選んでみました。
赤い色のビーズがそこそこ種類揃って来たので、色々使ってみたかったとも言う(ΦωΦ)

手のひらサイズで、バレッタの蝶よりも二回りほど小さい、かな?
このサイズの蝶々のブローチをまだ何色か作りたいなぁと思ってたり、これより小さめのちょっとデザイン違いの蝶々もいいあぁ、と思ったり。
(その前に大量に刺して切り離す所まで進めてた蝶々はどうした、自分……)

ビーズの色だけ、色の組み合わせは無限で、そこにデザインや糸の合わせも加わるので、本当に作れる物がたくさんあって手が追いつきません。

今年か、来年か。
こういった刺繍物の作品も含めて、どこかでアクセサリー達のお披露目ができたらいいなぁ、なんてぽややーんと考えているわけですが、とりあえず今は在庫を作らねば、そんな話も夢のまた夢、と思って、せっせと作り溜める日々です。

まだまだ自分の中にあるものを形にするべく邁進するのみ。

蝶々以外のデザインも進めてるので、こっちも出来れば近々ご紹介したいと思います。

はじめましての方もいつもの方もありがとうございますヾ(o´∀`o)ノ


Comment:0  Trackback:0
2019
01.03

蓮の花。

Category: ビーズ刺繍
DSCF0189.jpg
縦11センチ、横9センチ。

初めてビーズ刺繍で花の図案を刺しました。
2018年の刺し納め。
細かい所を見てしまうとツッコミどころ多数だけど、自分的には割と満足しております(笑)

なんか唐突に花を刺そう! 何にしよう! と勢い込んでネットでフリーのイラストを色々見て、それこそ薔薇とか牡丹とか、椿とかビーズバッグに使われてそうな花を色々調べて見たんですけどなんかピンと来なくて。
蓮の花を見て、お! これじゃない! と思っていそいそフェルトに描き写して、ビーズの色を決めて。
24日に唐突に思いついて、どうにか年内駆けこみで刺し終わったもの。

葉っぱの部分に特小使ったら凄く時間掛かって、その後に丸小使ったら、丸小でも粒が大きく感じてとても不思議な気持ちになりました~(笑)
特小って本当に小さい(-∀-)

正直、何にするとか、どう使うとか考えて無くて、モチーフとしても大きいものなのでどうしようか、と悩みつつも、刺し終えた事に自分で感動してます(笑)

まだまだ荒い所も目立つし、技術も未熟だけど、とりあえず最後まで刺し終えられるスタミナはあると分かったから良しとしておきましょう。そうしましょう。
今年はこういう花の図案をもっといろいろ刺して行きたいと思います(^-^)

まぁ、その為には花の絵の描き方とか練習しなきゃいけないんですけどね。
練習あるのみ! です!

今年はビーズ刺繍でがま口を一から仕立ててみたいな、なんて野望があります。
刺繍もがま口作りもどっちもまだまだ技量が足りないのでひたすら作ってみて試してみて、それでいつか納得できるものが作れれば万々歳かな、なんて(*´v`)

ブローチもバレッタも、刺し終えて仕立てて無い物がいくつかあるので、それらを仕立てて練習して、もっともっとたくさんの物を作っていきます。
もちろん、ビーズのアクセサリーも。

今年も一年、好きな物を好きなように楽しく作っていける年にしたいと思いまーす!


はじめましての方もいつもの方もありがとうございます( ̄^ ̄)ゞ


Comment:0  Trackback:0
2018
11.23

約一年。

Category: ビーズ刺繍
ビーズ刺繍を初めて、約一年ほど立ちました。
このブログで確認したら去年の10月29日の記事でビーズ刺繍始めてまして。

最初の頃はシードビーズじゃなくて、チェコビーズとかパール縫いとめて楽しんでおりましたね( ^ω^ )
気付けばそっからシードビーズ、スパンコールと刺す素材も色々増えていき、今はなんだかシードビーズに落ちつきました。

慌ただしい時期もあって毎日必ず針を持っていたわけではないけれど、それでもあまり間を置かない様にして刺繍を続けて来た感じ。

でね。
右も左も分からず、とりあえず刺繍枠を買い、ビーズ刺繍針を買い、刺繍糸を買い、独学なりに一年頑張った結果、とりあえずこんな感じに作りたい物を形に出来るようになりました。

DSCF9859.jpg
ビーズ刺繍のバレッタ。

バレッタ作ったのは二つ目です。
一つ目は何度も確認したのに何故かバレッタ金具を反対に付けてしまって(左利きの人は使いやすい向きらしいです)、今度はその金具と反対に付けたので、間違えようもなかったですけど(笑)
(一つ目はちょっと使いづらいけど自分用に下ろして耐久性とか確認用に使ってます(=゚ω゚)ノ)

DSCF9863_201811232022386fc.jpg
バレッタのサイズ、こんな感じ。
アクセサリー作る人の家には大体あると思ってる三角トレイ。
結構大きいかな、と作り終わって思ったんですが実際に髪を止めた状態で相方に見てもらったら「サイズとか丁度いいよ」って言われたので、きっと多分大丈夫。
うちの相方、変とかおかしいって所は容赦なくはっきり言ってくれるので、そんな相方が「丁度いい」と言うのならきっと恐らく丁度良いのだと思います。
思っときましょう。
そうしましょう。

さて、今回のビーズ刺繍。
別件趣味の原稿から解放された途端に唐突に「あ、なんか濃い青色と金色の組合せって凄く素敵じゃない? よっしゃ、ちょっといっちょ蝶々で刺してバレッタでも作ってみっか!!」と言うかなり勢いだけの思いつきで作り始めました。
材料はいつもに比べたら、とっても少ない。

DSCF9857_2018112320223527a.jpg
ビーズは二色。
ちょっと前にビーズファクトリーさんのMIYUKIの蔵出しビーズからお迎えした濃い青(写真だと鮮やかに写ってますが、実際にはもちっと暗い青です)のビーズと、金色の粒の方はボヘミアの宝箱さんで購入出来るシャーロット。
周りをかがった糸はあまりビーズの色を邪魔せず、けれども自分で見た時にちょっと楽しめるようにと思ってDMCの段染糸でカラーバリエーションの4245を使いました。
濃い青と紫と黒、みたいな色が混ざってます。

DSCF9862.jpg
ちなみにこちらの蝶々のバレッタ、制作日数は約一週間程度。
平日の夜は帰宅してからなんだかんだやってると結局まとまった時間が二時間も取れないので、本当にちまちまとサボり気味の亀の如き歩み。
疲れてて棚から出さない日もあったしね……(´・ω・`;)

ビーズの色数が多いデザインのよりは色の配置に悩まなくて良かったわけですが、面積が広い上に使ってるビーズのうちの一つがシャーロットだったもんで、まぁ、面が埋まらない埋まらない(笑)

でも、頑張って形にしました。
刺せば刺すほど感覚を手や身体が覚えるのか、作業ペースもちょっと早くなってきたようには思えます。

蝶々のバレッタ可愛いんですよ~。
配色を上手く考えたらフォーマルな感じに使えそうかな、なんて思ったり。
今は蝶々じゃなくて、また別のデザインも考え中です。

冬休みにたくさん刺せるように、ちょっと前に浅草橋に行った時にカンダ手芸さんでフェルトも大量購入してきたので、準備はばっちりです。
今年の冬休みは、制作に励みたーい。


はじめましての方もいつもの方もありがとうございます( ̄^ ̄)ゞ


Comment:0  Trackback:0
back-to-top