FC2ブログ
2019
12.01

青い蝶々の枠どり。

Category: ビーズ刺繍
DSCF0794.jpg
赤の次の青。
でも、ここまで刺しておいて別の枠を進めてしまったため、この枠はこの状態のまま暫く放置されてます。

今ちょっと違う事も佳境でバタバタしてるもんで刺繍にまとまった時間が取れず。
もう12月に入ってしまったので、どうにか今月中には形にしていきたいところ。

木曜から昨日の土曜までBASだったようですが、今回も見送り。
来年は、また少しずつ見に良ければいいなぁ。

気付けば師走。
12月はやりたい事も楽しみにしている事も色々あるので、体調管理に気を付けて生存していきます。


スポンサーサイト



2019
11.19

蝶々五つめ。

Category: ビーズ刺繍
DSCF0685_20191119212430259.jpg
手前の大きいのはバレッタ用。
奥の三つはいつも通りにブローチ用。

色縛りの刺繍枠、赤の次は青になりました。
ちくちく作成中。

蚤の市にデザフェスにビーズアートショー。
11月はイベント目白押しの様ですね。(他にもあるみたい?)
多少気にはなるけど、以前みたいに「行かねば!」「行きたい!」みたいな情熱は不思議と湧いてこないので、なんとなく「あー、あったんだ」「ああ、今月なのか」のレベルでのんびり把握する感じです。

前みたいにネットで色々ビーズを買うってこともなく。
見ると「欲しいなぁ」とは思うものの、購入まで中々進まない感じ。

最近は新しい資材を買って増やすより、手持ちのビーズでチクチクと刺繍したり、人様へのプレゼントを作るだけに留まってます。
なんか本当に省エネモードな感じ(´・ω・`;)
これが来年とかにまた、わぁーっと新しいビーズ手に入れたり、新しい作品作れるバネ的なものに転換すればいいのになぁ、なんて思ったり。
まぁ、ずっと動き続けてると疲れますからね。休息も大事。


2019
10.27

みどり。

Category: ビーズ刺繍
DSCF0715.jpg
正確には緑と金色。

濃い目の緑に金をちらしてみたら中々に夏っぽい色あいになりました。
これはもう周りも同系色の緑の糸でかがってブローチに仕立て終わってますうが、中々に目立つ個性的な作品になって満足。

次の色縛りに迷いつつ、別の枠でまた新しい蝶々たちを刺し始めました。
18センチの枠を少し前に浅草橋に行った時に購入してきたので、今は時々二つの枠を同時進行してます。


小野 不由美さんの『白銀の墟 玄の月』の一巻と二巻を買ったんですが、何だかんだで読むタイミングを逃して、気付けばもうあと少しで三、四巻が出るのでそっち買ってから読もうと思って温めてます。
久々の新刊。戴国の事はめっちゃ気になるけれど、とりあえず買っておこうと思って一、二巻を本屋に買いに行った時にそれぞれの厚さに吃驚したので、これは本腰入れて読んだ方がいいな。と思いまして。
(いや、四冊に別れるって知った時から、じゃあ一冊ずつの厚みは一般的な文庫本の厚さぐらいだろうな~って認識だったもんで)

大丈夫。もう手元にあるから一、二巻も逃げないし。
三、四巻出るまで待てる。

私、ネタバレが全然平気なもので、今も色んなとこで一、二巻の感想を時々眺めてるんですが、物語が動くのはやっぱり三、四巻出てから(そりゃそうだ)なので、余計待つのは苦にならない。
一、二巻読破済みの方々の阿鼻叫喚の叫びが余計に「あ、三、四巻出てからにしよ」と思わせてくれるので心強いです。

先に一、二巻読んで待つ楽しみがあるのも羨ましいけれど、ここはちょっと我慢。


2019
10.22

赤い蝶。

Category: ビーズ刺繍
DSCF0750.jpg
蝶々のビーズ刺繍を続けてる中で、何となく一つの枠で色縛りをした事が無かった事に気付いて、今回は赤色縛りで刺してみました。
赤と言って茶色に近い濃い赤から、深紅とか鮮やかな赤とか、オレンジに近かったりピンクに近かったりするものがあるので、色に縛っても割と賑やかな枠になりました。

今日は「即位礼正殿の儀」で仕事がお休みだったので、家でのんびり過ごしつつ相方とテレビで御即位の様子を拝見してまして。
自分が生きている間に見る事があるとはなーって感じで見てたんですが、昔からの作法や服装を再現して行われる儀には知らず謎の緊張をしつつじっと見てしまいました。
無事に終わった時には「ああ、良かった」って安堵。


テレビ見る前後に最後の蝶を刺繍してて、見終わった後に無事に無事に刺し終わりまして。
見事に赤い蝶ばかり並んでいるのを見て、コーエーテクモさんから昔出た零シリーズの「紅い蝶」を思い出してました。
私が唯一自分で買ったホラーゲーム。
一人でプレイして怖くなって、途中から友人も巻きこんでプレイしたけど怖くて最後まで出来なかったゲーム。
(最終的に友人に押し付けた気がする)
ちなみにストーリーはつい最近、実況動画にお世話になって「へぇ~そんなエンディングがあったのか」と思ったり。
そういや天野月子さんを知ったのもこのゲームだったよなー、とこちらも懐かしく思ったり。

赤い蝶は堪能したので、次は青色の蝶々にしようか、それとも他の色にしようか迷い中。
まぁ、好きなようにのんびりゆったりやります。

色縛りにすると同じ系統の色で表情をつけなくてはいけないので、どうしたらいいかな、と悩んで色々遊んでみた結果、割とこれまでにない模様とかデザインで刺せた気がします。
楽しかった。
これを多色でも試してみたい。


毎年個展と福袋(福缶)でお世話になっております、Shiffさんが今年は個展開催がなく(会場の都合だそうで)、また年明けの福袋もなさらないとの事で、現在Webショップがオープン中です。
ここ → ☆☆☆
昨日昼間からのオープン? だったようで、既にお得なセットとかは終わってしまってますが、まだ何色かのガラスピンは購入可能。
私は昨日もお休み貰ってたので、気になるお品を買わせて頂きました。
届くの楽しみ。


2019
09.07

黒い蝶。

Category: ビーズ刺繍
DSCF0663_20190902205608e99.jpg
黒い蝶々のバレッタ。

玉虫色に輝く黒の竹ビーズを使ってみました。
相方に「今までの中で一番蝶々っぽい」と言われたもの。
でも、胴体の部分を差し終えた所まで見た相方に「……え、今度はなんでまたそんなにリアル寄りに作ってんの」と言われ、自分でも「……なんか、芋虫っぽい」と思いましたよね。
でも、この胴体があるから今までの中で一番蝶っぽいんだよね、とも。

バレッタは金具の大きさの関係でこれより小さく出来ないのが悩み。
もうちょっと小さいバレッタ金具があれば、もう一回り小さくできるけど、あまり金具を小さくしすぎると今度はバレッタとしての使い勝手が悪くなるのでは? と思ったり。
今使ってる金具のサイズも、毛量がそれほど多くない私でもハーフアップの時にしか使えないくらいなので。
サイズが大きいので、作るのもそこそこ根気が必要で刺繍面も大きめで、尚且つ一周かがるのも結構な時間のかかる一品。
でも、作るのはとても楽しい。

気付いたら9月でした。
以前よりも頻度は落ちますが、またちょっとずつ記事を更新していこうと思います。
良ければまたのんびりとお付き合いください。

今日は相方の家のお墓参りに行ってきました。
9月だし、だいぶ猛暑も落ち付いてきたしね、と思って行ったら全然猛暑が落ち着いてなくて、倒れる前に離脱せねば、って事でかつてない早さでお墓を綺麗にして早々にシュバっと撤収してきました。
合言葉は「墓参りで死んだら洒落にならん」

帰りにちょっと西荻窪に用事があって寄った際に相方が「時間も早いし、cotitoさんに行ってみたい」と言うので行ってきました。
cotitoさん→☆☆☆
cotitoさんはお花屋さんでカフェで、クッキー(サブレ)を販売されてるお店です。(確かこの認識であってる筈)

DSC_0853_20190907225656709.jpg
贈答品の時期には中々買えないハナサブレに今日は初めて出会えました(*´v`)

相方と趣味が被ってるので、相方が私好みの物を先に色々購入した結果、私が購入したのはこの二点。
青い花の方が「お花と甜菜糖のアイシングサブレ」で、もう一つの方は「ハナサブレ(カモミール)」。

可愛くて食べるのが勿体ないけど、明日のおやつにいただきます。

back-to-top