FC2ブログ
2018
10.18

秋の色のグラスストーン。

Category: ビーズ
DSCF9790.jpg
秋の色。
ワインレッドや深紅系。
こういう色を見ても「暑い」と思わなくなった辺り、秋だなぁ、としみじみ思います。
一年の中で一番好きな季節(=゚ω゚)ノ

DSCF9788_20181018172819ea8.jpg
さて、こちらのグラスストーン。
結構大粒の物。
これ見て「おや」と思った貴方はこのブログの通ですね。(だからと言って何があるわけでもないのですが)

こちらのストーンたち。
一年半程前に購入したブローチから取り外して洗浄したものになります。
元は1970年代のブローチでした。
おおよそ50年程前のもので、ブローチとして使おうにも結構年期が入って錆も凄かったので、今回ストーンだけ外して、ちょっくら再利用。

中央の真っ赤なラウンドが1粒。
周りにはオーバルが6粒。
何故か、6粒のうち、5粒は赤とピンクの混じった綺麗なカーマインカラーで、残りの1粒だけはライトアメジストみたいな色。

なんでや。

ちなみにセッティングされてた時はカーマインの1粒はお尻向けてましたね。

なんでや。

まぁ、ぶっちゃけここで「なんでー? なんでー?」って言ってても謎は解決しないんですけどね(-∀-)
いつかどこかで謎が解決したらめっちゃ喜び勇んで報告したいと思います。(多分、無理)

でもって、ブローチから外す作業。
結構がっちり爪に掴まれてるのかな~、って思ったら、もうね、セッティングの金具自体が結構弱くなってまして。
我が家にあった極細目打ちのさきっちょを、ストーンと爪の間にスッと差し入れてくいっと曲げたら曲がりました。
周りの6粒は爪が四ヶ所しかなかったんで二ヶ所ぐらい外すとストーンがぽろっと落ちまして。
真ん中のラウンドだけはすんごい細かい爪だったんでちょっと大変でしたが、どうにか外せました。

そんなわけで外したストーン。
結構金具の錆とか埃汚れの塊がこびりついておりましたので、さっと水で洗って、一晩くらいキッチンハ○ターに浸けこみました。
翌日になって綺麗に洗ってみたら、汚れは綺麗に取れてぴっかぴか。
年代ものだし、一回セッティングしたものなので、細かな傷は残ってしまってるのは仕方ない事。
寧ろ、多少の傷など気にしない私的には問題なし。

カーマインっぽい色のやつがセットから外してみたらすんごく好みの色だったので、何に使おうかと色々考えてる所です。


雑談。
お仕事、やっとこさ一つ決まりそうかな……って所です。
とりあえず企業訪問までは行けそうかな。
いままでは、それすら行けなかったので。
良さ気な感じなので、進むと嬉しいかなぁ、と思います。


もう一個雑談。
18で働き初めて一番最初に就職したのは小さなスーパーでした。
一年勤めて後輩が入った所で任せて辞めて、そっからちょこちょこ色々やって、23くらいの時に事務職になりまして。そっから基本はずっと事務。
この最初の事務の時に勤めた会社に、典型的なお局様がいらっしゃいましてね。
まず、ブース内に男女6人くらい居たんですが、離席(会議室の清掃や業者対応、トイレに行く時も)は必ず全員に聞こえる声で告げてから離れる事、と入社時に言われておりまして。
なので私は、トイレ行く時は高らかに「トイレ行ってきまーす!」って言ってました。
他の人はやや小さ目な声で言うんですけど、私は言えって言われて後から「言ってないじゃない」って言われるのも嫌だったんで、それはそれは大声で高らかに言いました。
恥ずかしいも何も生理現象だし? しょうがなくない? って。
でもってお局様も「それでいいわ」って感じだったんです。
でも、ある時、自ブースの隣の社長室での来客対応を終えた社長がお客さんを見送った後に眉毛をハノ字にしてうちのブースに来ました。
「いやー、さっきの声、こっちの部屋にまで丸聞こえでね。お客さんと苦笑いしちゃったよ」と。
お局様が「申し訳ありません!!」ってすぐに謝ってましたが、私は特に何も言いませんでした。
でも、その後にお局様に廊下に呼び出しくらって「女の子なんだから、もうちょっと慎みを持ってね。余程の時以外は言わなくてもいいわ」って言われてこっちは「はぁ?」って感じでした。
その後も気分で結構ころころ対応が変わりまして。
「ちょっとおトイレ行ってきます」って言って席外した時に戻るまでに時間が長いと席に戻った時に必ず「お腹の調子悪いの?」とか聞かれまして。
……慎みとは? と思いながら「ええ、ちょっと……」とか答えてました。

この対応を「変なのー」と思いながらも我が身にはかなり深く染み付いていたようで。
その後も勤め先が変わっても癖のようにトイレに行く度に「ちょっとトイレ行ってきてもいいですか?」って聞いちゃうようになりまして。
女性の方だと「どうぞー」で終わるんですけど、男性だと「……言わなくていいですよ」って言われてました。
でも、何回も繰り返すと女性も男性も「行きたい時に行っていいよ」って言ってくれるものなので、今では初日に雰囲気を見て聞いたり聞かなかったり。

その会社やそこに勤める人の独自のマイルールみたいなもんが色々あるわけですが、長く勤めると結構知らず知らずのうちにそれが染み込んでるもんですよね。

色んなルール見て来たし、結構「何これ!?」ってもんにも対応してきましたけど、もう変なのとか慌ただしいのはいいかな。


はじめましての方もいつもの方もありがとうございます(*´v`)


スポンサーサイト
Comment:0  Trackback:0
2018
10.06

チェコのまが玉ビーズ。

Category: ビーズ
DSCF9522.jpg
子供の頃から慣れ親しんでるまが玉ビーズ。
MIYUKIやTOHOからも出てるので、良くビーズボールとか作ってアクセサリーにしてました。
で、それのチェコビーズ版((っていう?)がラティーフさんの新作でありまして。

色は全四色。
金色が二種に青とピンク。

DSCF9514_20181006004622225.jpg
これは黄色寄りの金色。もう一つの金色はもうちょっと茶色って言うか黄金色の濃いやつ。
ライトとディープって感じかな。
今回私はライトな金色の方だけ購入。

DSCF9513_20181006004621a00.jpg
青色。爽やか。

DSCF9512_2018100600461909e.jpg
ピンク。柔らかくて可愛い色。

まが玉の玉の部分がぷっくりしてて、尚且つ凄くガラスらしい透明感で、見た瞬間に「可愛い~!!」って叫んでました。
心なしか、国内メーカー品よりもややぷっくり部分が大きめ、かな。
でも、多分サイズはそこまで違わないのかな。
ビーズボールとか作ったら、凄く可愛いだろうなぁ、と思うのです。


DSC_4063.jpg
無職一日目に買い物ついでに寄らせて頂いて、またスパンコールとかもちょこちょこっと仕入れて来ました。
武蔵小山店はシードビーズもめちゃくちゃ豊富(^-^)


DSCF9480.jpg
晴れの日のお嬢さん方。
涼しくなってもきたので、短時間だけ窓を開けての日向ぼっこ。


IMG_-m3oq2l.jpg
我が家、フェイスタオルを良く使うんですが、先日十数枚ほど捨てまして。
新しいタオルを買ってこないとね、って話をしてたんで馬喰町のタオル問屋さんに行ってみたのです。
よく浅草橋方面から馬喰町のカンダ手芸さんに向かうと通り道に中央タオルさんって問屋さんがありまして。
最初はそちらを覗いたのですが、小売りもしてそうだけど、ちょっとお店に入りにくいな……と思って大通り(って言うのかな?)の方に戻って少し進むと見えてくる黄色い看板の三上タオルさんに入ってみました。
入口にご挨拶用のタオルとかずら~っと並んでまして。
店頭に居たおじさんに「小売りされてます?」と聞いたら「してますよ。どんなものをお探しですか?」と穏やかに聞いてくださいまして。
欲しい物と枚数伝えたら「これ、うちのおススメです。美容業界の人もよく買われて行きます」とお店で一番人気のフェイスタオルを薦められたので、落ちついた色味の物を二色ほど購入。
一パック10枚入りで2600円ぐらいでした。
色は結構豊富で十色くらいあったかな。薄い色から濃い色まで豊富で悩まされましたが、自宅で毎日使うものだしね、と言う事でおとなしめのベージュ系とホワイト系にしました。

ホワイトの方を一回洗濯して使ってみたんですが、お店のおじさんの「生地が厚すぎず薄すぎず乾きやすくて吸水力もいいですよ!」の言葉の通りで、感動しながら使ってます。

ぶっちゃけタオルを普段から買わない家なので、一枚260円って言うのが安いのか高いのか分からないけど、今回のお買い物は結構良かったんではないかな、と。

でも、何故に私は一番最初にタオルを買いに行ってしまったのか……。
馬喰町~浅草橋の買い物で、タオル20枚持って袋がっさががささせながら二時間ほど歩きまわってぐったりでした……。

タオルは最後で良かったんでないの……。


ちなみにちなみに。
お仕事探しは連敗更新中ですよ!!!ヽ(`ω´*)ノ


はじめましての方もいつもの方もありがとうございます(^∇^)ノ


Comment:0  Trackback:0
2018
09.23

アップルグリーンとマンゴーイエロー。

Category: ビーズ
DSCF9366_201809231323496d2.jpg
アップルグリーンのチェコシードビーズにインド製のマンゴーイエロースパンコール。

意図せずフルーツの名前がつくビーズとスパンコールを頼んでおりましたが、色が綺麗。可愛い。好き。
特にアップルグリーンの方は前にも見かけてて緑好きの心を刺激されておりまして。
今回お迎え出来て嬉しい(*´v`)
たくさん使いたいけど、今回お買い物したお店ではもう完売商品だったので、また違うお店を探さねば……。
現行品なので、絶対どこかで取り扱ってる筈。
(寧ろ、半年以上前に「いいなー」と思ってそのまま忘れてたのに、今回久々に見に行って残ってた辺り、「そうかそうか、私の元へ来たかったのかね」という謎の感動を勝手に味わってます(笑))

マンゴーイエローはこれまた最近黄色にときめく心が反射的にポチってました(笑)

緑好きは変わらないけれど、フューシャも好きで、最近そこに黄色とワインレッドみたいな色も加わって来て、結構新しい資材を仕入れる時にそっちに偏る傾向が……。

DSCF9359.jpg
こちらのお店でポチッたメインはグリーンとイエローだったんですが、お試しの糸通しスパンコールもあったので、色味的にどんなもんかしら~と三色ほどお願いしてみました。
どの色も綺麗(*´v`)

上手く使いこなせるように頑張ります!


そう言えば先日、刺繍作家の小林モー子さんのパリでの買い付けの様子などを紹介されていたテレビを見ました。
まだリュネビルには手を出してないけど、色々な資材を見たい派としては割と楽しみにしていて、実際見た感想としては「世界は広いなぁ。凄いなぁ」でした。
国内の職人の世界ですら相当敷居が高いというに、それをわざわざ言葉の通じない異国に行って修行して身につける。
要はそれだけ好きだからこそ、やりたいからこそなりふり構わず打ち込めるんだな、と、その人生をちょっと羨ましくも思ったり。
寧ろ、そう思うだけの覚悟を決めれる人生って、どうやって生きたら辿りつくもの?
相当チキンな性格の私には計り知れない世界だなぁ、と。

「こうしよう!」「こうしたい!」って人生を自分で決めて歩める人って一体どれくらいいるんだろう、なんて事もしみじみ思ったり。
でも、それだけの覚悟だとか想いだとか色んな物があったからこそ、今のモー子さんが居るんだろうな、とも。
恰好いい人ですよね。

買い付け、って一言で言っても、あれだけの素敵な資材をそこらへんの日本人がテレビで知ったからといって「パリに行けばああいう資材が買えるのか。よし、行こう!」と思って行ったって見つける事も買う事もきっと難しいでしょうね。
あれは何年も何十年も努力して現地の人との縁や信頼関係を結んできたモー子さんだからこそ、なんだろうな。特別な事だよなぁ、とテレビを見ながら思いました。
遠い世界の事過ぎて憧れはしないけど、良いなぁ、羨ましいなぁ、恰好いいなぁ(* ´ ▽ ` *)

なのでいつかモー子さんのアトリエで買い付けされてこられたそんな資材たちにお目にかかれると嬉しいものです。
ビーズ刺繍がブームになって結構あらゆる所でビーズやスパンコールが買える様になりましたが、まだまだ見た事のない資材があって、この世界って本当に奥深いなぁって改めて思いましたよね。

こういう世界があると知れて良かった。
好きで良かったな、と思う瞬間。
とりあえず、私の老後はきっと多分「やる事ないわ~」って事にはならない、筈(笑)


さてさて。
今の職場も残す所あと4日となりました。
只今、絶賛お餞別(は、私が貰う場合の言い方だ!間違えた!)退職のご挨拶のお菓子をどうしようか悩み中(-公- )
かなり本気で悩み過ぎて胃痛を起こすほど(-公- )
自部署が社内の中枢というか、全部署に関わる仕事してるもんで、もし同じビル内に居る人に配るのならば軽く100名超えるんですよ。。。
辞めるんだし、そこまで気を使わなくても、と思うんですが、まぁ、世話になったはなったしなぁ、という思いも無きにしもあらず。
だがしかし、全員に配ろうと思うとどんだけ安くても結構財布に大打撃だ、こんチクショウ。
もう割り切って自部署+本当にお世話になった人だけにしようかしら、とも思いますが、まだまだ結論は出ておらず。
もう他部署は他部署と割り切るかな……。
それでもいいかなぁ……。
ちょっと多めに入ってるやつ一箱買って、社員さんに「あとお願いしまーす」って去ろうかな。
それもありか。

と、そんな感じでお餞別退職のお菓子に悩みつつ、先日は仕事帰りに派遣会社に寄ってお仕事紹介してもらって来たんですよ。
紹介されたお仕事が家から近いし残業もないし、お、いいかもなー、と思ってたら、明日担当から連絡させますね、って言われて、確かに翌日の19時頃に電話は来たんだけど「誠に申し訳ないのですが、企業様内で業務調整の見直しがあって、こちらのお仕事すぐに御案内できなくなりました」と来たもんだ。
まぁ、今の部署で結構企業側の採用の裏側を見る仕事(OK出しといてやっぱりやめる、とか、もう来て欲しくない、とか色々。……本当に色々)してたんでそう言う事もあるわよねーって思って、分かりましたーって言ったら別のお仕事をその場で案内されたんですが、それがまぁ、なんか私の経歴でならいける! って感じの職場で。
でも、私の希望する条件あんまり満たしてなくて。
「是非、前向きに御検討ください」っていわれたんですけど、正直あんまし乗り気ではない|ω・`)
ってわけでネットの検索ページで条件色々入れて検索した結果、あ、ここ良いんでない? って所があったのでとりあえずエントリーしてみました。
週明けには連絡くるかな。まぁ、埋まってたらそん時はそん時で。
でも、私が最初に紹介待ちしてたお仕事は未だに検索に出てくるので、正直なんとも言えないもやっと感は残ってます。

もやっと。


はじめましての方もいつもの方もありがとうございます(´∀`*)


Comment:0  Trackback:0
2018
09.11

チャイナガラスというもの。

Category: ビーズ
DSCF9015_20180909001828cf2.jpg
ちょいと前(いや、結構前だ)にCat-a-lystさんからお迎えしたビーズ達。

手前のグラスストーンはチャイナガラス。
まぁ、その名の通りに中国産の現行品グラスストーン。

ツートーンカラーの綺麗なガラス。
6ミリなので、小粒ですがキラキラ感はばっちり。

奥のビーズはジャパンヴィンテージ。
青と緑は小粒のストランド。

最近、あんまりビーズ使った作品作ってませんが、やはり見つけると欲しくなってお迎えしちゃうジャパンヴィンテージ。
もう、これほぼほぼコレクション品です(゚∀゚)

4、5年くらい経ったら思い出したかのように何か作ってるかもしれませんけど(笑)

ここ最近、ビーズ刺繍ばかりやってたんですけど折角覚えたスパンコールの刺し方を忘れる前に復習しとこう、と思ってスパンコールだけの刺繍をしてみたんですけど、面の埋まり具合が早くて早くてめっちゃ感動しました(。>ω<。)ノ
シードビーズのミリ単位は何と言うか結構先が見えない作業なんですが、スパンコールは幅があるのですんごくサクサク進む感じです。
3ミリサイズでもずっとシードビーズと向き合ってきた今の私にはかなり大きく見える(笑)
そんなもんで逆に6ミリサイズとか使うと逆にちょっと舵取りが難しい感じでもあったり(-∀-)

でも、ずっとシードビーズ刺してて感覚を指先が覚えたのか、結構スパンコールも真っ直ぐ刺せてました。
私の手はスパンコールの刺し方もちゃんと覚えていた!!
今回先に下絵に描いてた蝶々をそのまま刺したら結構大きくなってしまいまして。
次はもう一回りくらい小さめの蝶々をカラフルに刺してブローチ作りたいと思います。
もちろん、周りはかがる。糸でかがる。
同系色まとめも良いけど、思いっきりカラフルなのもいいな(*´v`)


はじめましての方もいつもの方もありがとうございます(*^ワ^*)


Comment:0  Trackback:0
2018
08.22

MIYUKIの蔵出ビーズ。

Category: ビーズ
DSCF9142.jpg
浅草橋にあるビーズファクトリー(☆☆☆)さんでは定期的に「蔵出しヴィンテージ糸通しビーズ」が販売されるイベントがありまして。(期間限定)

いつも気にはなっていたのですが、何故かこのイベント期間のビーズファクトリーさんの土曜日のオープンが中々に鬼畜仕様で(笑)
平日仕事の私なんかからしたら、行けるのはどうしても土曜に限られるわけですが、そもそもこちらのお店、毎週土曜日開けてるわけでもなく、開けてくれるのかしら、と思えば割と不定期に休みになってしまったりします。
一回逃したらもうチャンスはない。そもそもそのチャンスすら与えられない、と言う感じ。

そんなわけでイベント自体はそれなりにやってる事は知ってたんですが「あら、今回も見送りね」なんて事がずっと続いておりました。
まぁ、でも絶対に見に行くわ! とならなかったのはMIYUKIの蔵出しがBASや素材博でも見れるのを知ってたからです。

でも、今回は丁度行けるタイミングがあったのでひょっこり平日にお邪魔して丸小や竹ビーズなど6束程購入してきました。
写真見て思ったけど、もう夏終わるのに結構夏色揃いだった(笑)

ビーズファクトリーさんではまとめて買うと割引されて結構その割引がお得と言えばお得なんですが、今回はそこに至るまでの欲しい色が無かった。
インスタとか見ると結構季節で出る色が違うようなので、また違うタイミングで行ける時があったら覗きに行きたいなー、とは思ってます。

DSCF9144_2018082220272602c.jpg
今回は千円以上お買い上げ先着順でサンプルプレゼント~的なやつやってて、貰ったのはこの可愛いピンクのシードビーズ達。
あら、可愛い色ですね、って店員さんに言ったら一階で他の色も販売中ですよ~っと教えてもらいました。
これ、気になる人は見に行っちゃうでしょうね。
私はこの色で満足してたので、今回は見ないで帰ってきちゃいましたが(笑)

蔵出しイベントは今月31日まで開催中との事でーす。
蔵出しではもう作ってない色とかも出てるそうなので、気になる方は見てみるといいかも。

DSCF9150_20180822202727007.jpg
浅草橋行った日はついでにシモジマでこちらも購入。
ちっさいジップ付きポリ。
BASで買ってるのは40×40なんですが、シモジマには近いサイズの40×48ともう一回り大きいのもありましてね。
今、頑張ってビーズをこの袋に入れ替える作業を進めてます。
前は百均で買ったジップ付きポリの一番小さいサイズを使ってたんですが、小さいサイズと言ってもビーズ入れちゃえば結構余ってしまって。
このミニサイズだとビニールの余分な部分もそう無いので収納しやすいし見やすくていい。

DSCF9167_20180822202729745.jpg
夏休み中、墓参りに行った時に寄った駅ビルの食品店でこちらの紅茶缶に出会って一目惚れしました。
Whittard (ウィッタード)って言う英国の紅茶メーカーのお品らしく。
写真のはミニキャディ缶(50g)なんですけど、お値段もそこそこいい感じでしたが可愛くてね~(゚∀゚)

DSCF9169.jpg
緑の方はマケラッシュミントって言う緑茶にミント、矢車草の花(だったか?)がブレンドされてまして。
黄色の鳥さんはイングリッシュブレックファースト。

他にもジャスミンとかアールグレイとかお茶の種類は色々あって、缶のデザインも十種類ぐらいあったかな。
今回買ったような可愛い模様の物と一色のシンプルな缶がありました。

以前、赤坂に日本支店(的なもの?)があったようですが、現在は撤退してしまったようで、悲しい限り。

また機会があったら違う缶も買いたいなぁ。


はじめましての方もいつもの方もありがとうございますヽ(´∀`)ノ



Comment:0  Trackback:0
back-to-top