FC2ブログ
2018
11.29

モンタナカラー。

Category: ビーズ
なんとなく、続けての投稿。

DSCF8953_201811292204233fe.jpg
紹介したようで、していなかったような、したような?
してたらごめんなさーい。

多分自分の記憶の中では最後に糸通しでお迎えしたジャパンヴィンテージ。
色に一目惚れでした(*´v`)

約10ミリ程度と大粒ですけど、色が良い。
凄くいい。

お迎えしたのは夏の頃。
綺麗に洗って乾かして。
光に透かしてにまにましてました。

このモンタナとアメジストっぽい色の並びに何か刺し色いれたブレスレットもいいなぁ。

ジャパンヴィンテージも出会いがあれば、また色々集めて行きたい。


雑談。
髪に黒胡麻がいいと知ってから、毎日地味に黒胡麻を摂取してます。
胡麻ってぶっちゃけ意識しないと取らない食べ物……。
しかも黒胡麻なんてほうれん草の胡麻和えの時に使うぐらい。
過去の仕事のストレスで結構髪が細くなってブツブツ切れやすくなった結果、束ねた時に凄い細い束になってしまって、それがずっと嫌で。
なので、ここ数年はずっと短くしてたんですが、暑かった時期に結んでたらそっちの方が意外と楽で。
今は、なんとなくそのまま伸びてます。

一応、頭皮のマッサージとかもして血流よくしようとしてたんですけどね。
どっかで髪には黒胡麻って見て、とりあえず黒胡麻を取るようにしました。
どうやって取っているかっていうと平日はお昼のお弁当のご飯にかけて行って、休日は家で取る食事のスープとかサラダにかけるドレッシングに混ぜたりしてます。
地道に頑張ってる。

なんか年を重ねて、自分の身体のメンテナンスを放置しまくってたツケがきて、今更ひーひー言いながら地道に改善してます……orz

冷えとか、便秘とか、むくみとか。
すっごくそういう影響受ける&出やすいのに見て見ぬふりしてて。
痩せたいとかそういうのよりも、なんか、多すぎず少なすぎず固すぎず柔らかすぎず程良くな身体になりたいなぁ、って最近すごく思うんですよね。
言う程簡単ではないけれど、地道に地道にこっちも頑張って行きたいです。

ちなみに麺棒使ったリンパ流しは相方にも驚かれるほど効果がありました。
流すって大事。
停滞って本当によろしくない。。。


はじめましての方もいつもの方もありがとうございます(ノ)’∀`(ヾ)


スポンサーサイト
Comment:0  Trackback:0
2018
11.29

もう冬ですが、秋の資材を色々と。

Category: ビーズ
DSCF9290.jpg
もう9月の事ですが、レミースさんに行った同じ日にちょっと遠出して、フォロワーさんに教えて頂いたお店まで足を伸ばしてみました。

お邪魔してきたのは富ヶ谷にあるレンミッコさん(☆☆☆

オートクチュール刺繍のお教室(アトリエ)がメインで、その横でショップも併設されてます。
ショップの開店日が結構不定休なので、気になる方はショップのカレンダーを確認してから行かれるのが良いかと。

さて、レンミッコさん。
初めてお邪魔したわけですが、久々に「うわぁ……」と声を上げてしまった程にカラフルなビーズやスパンコールが沢山並んでいました。

DSCF9315_201811292144178ce.jpg
全部見るの、かなり時間かかります。
なんて言うか、急いで見に行くのはおススメしないです。
もし行かれるのなら、5時間ぐらい時間取れるくらいの時にじっくりゆっくり見て欲しい(ΦωΦ)

私も二回目の訪問をしようしようと思っているのですが、タイミングを逃し続けたまま……。

今回、代々木公園駅から向かったんですが、結構歩きます&めっちゃ住宅街。
え、本当にこの辺りにあるんですか……? と疑うぐらいに滅茶苦茶住宅街の一角。
周りに本当に他にお店も見当たらなくて、びびります。
でも、本当に素敵な資材が沢山あるので、おススメしたい。

ちなみに私は見つけたは良いもののショップの入口が分からずアトリエの前で不審者よろしくうろうろしてたらアトリエの先生がわざわざ扉を開けて顔を覗かせてくださいまして。
「ショップの入口はあっちですよー」って教えてくれました。
さんきゅー、先生。

DSCF9317.jpg
今回は蝶々のスパンコールとかストライプのスパンコールとかちょっと面白い物をお迎えしてきました。
このストライプ柄とか、何に使っていいのか分かんないけど、最高よね。

DSCF9328.jpg
ビーズも鮮やかな黄色と、なんとも言えないMIXカラーのものを。

これを使って何かを……、ってのも考えないままにフィーリングで選んだので、この資材達が陽の目を見るのはまだ少し先になりそうです。

オートクチュール、と言うかリュネビル。
興味はあれど、始めるまでの道具や資材一式を揃えるのに結構お金がかかりそうなのと、そこまでして一式揃えて本当に自分がやるのかどうかも分からず手出しが出来ず。
手出しが~って言ってる時点できっとまだタイミングではないんだろうな、と思ってます。
でもちょっとずつ興味は湧いてきた(ΦωΦ)

いつかはきっと手を出している、……ような気がする?

来年はもっとレンミッコさんに行きたいなー。
でも新しいお店も色々行きたいのです。

なんて書いてますけど、もうすぐ12月。
ああ、一年があっという間に過ぎ去ってしまった……、ってしみじみ思いますね。

と、言うかそろそろ福袋の季節ですよね。

早いショップでは既に予約開始してたりしますね。
うーん、気にはなるけど、どうしようかな、と悩み中。
前回の購入分がまだ残っているし、何となくこう、ぴーんと来るものがなくて。

それなら福袋買う分で糸通しのビーズとか買う方がいいかなぁ、なんて思ったり。
うーん、悩ましい。


はじめましての方もいつもの方もありがとうございます(*≧∪≦)


Comment:0  Trackback:0
2018
10.30

シードビーズのお話など。

Category: ビーズ
DSCF9377.jpg
フランスヴィンテージ。
昔ながらのもやや~んとした色合いの独特な雰囲気のシードビーズ。
専門の方が言うには不純物が多いと、こういう色合いになるのだとか。

ガラスのビーズが好きで十代の頃からビーズを使って色々と作ったり気にいったビーズを買い集めていましたが、シードビーズに本格的に興味を持ってあれこれ集め始めたのはビーズ刺繍を始めたここ一年くらい。

前々から「使う用途は決まっていないけど、この色が好きだから欲しい」とBAS(ビーズアートショー)などで割と節操なく束のシードビーズなど買っておりましたが、ビーズ刺繍を始めた事で最近やっとそんなビーズ達が陽の目を見ましてね。

ビーズ刺繍を始めた事で、シードビーズの色を綺麗に見せる方法も分かったので、これまで「使う用途が決まっていない」だったからこそ買う量がセーブされていたシードビーズを色々と見比べたりして買うようになりました(笑)

前にもこのブログで書いたような気もしてますが、やっぱりビーズの色数は多ければ多い方が組み合わせを考える時に「お、こんな色の組合せもありかも!」と楽しめるので、やっぱりそこそこの色は持っていたいもの。

ちなみにシードビーズと一口に行っても、各国各メーカーで結構個性が出るもので、私は「ここのこのビーズが好き!」って一概に言えないタイプ。要は節操無しっちゅーやつですな(-∀-)
日本メーカーも外国のメーカーも好きです。

DSCF9347_201809230006151c8.jpg
これはチェコの現行品。

国外のビーズって良くも悪くも自由だなぁ、って思います。
一粒一粒のサイズが結構大雑把と言うか、不揃いな事が多い。
それが意外と使いやすかったりする場面も多いですけど。

DSCF9777.jpg
ヒロシマビーズの糸通し。

逆に国内メーカー品は結構粒が揃っててきっちりしてます。
既に廃業されてしまっていますが、ヒロシマビーズのビーズは小粒で粒が本当に綺麗に揃ってて凄いと思います。
ヒロシマビーズ触ってるとTOHOのビーズはちょっと粒が大きめなんだな、と感じます。
MIYUKIはまだ違いが分かるほど使っておらず。

それぞれの特色とか違いとかも使って行く上で知っていけたら楽しいだろうな、なんて思ってます(*´v`)

一粒一粒、色や輝きを見ながら刺していく作業がとても好きです。
今はまだ決まった形しか刺せないけど、もっと色んな形を刺していけるようになってもっと自分の作りたいもの、作ってみたいものを形にしていければいいな。


はじめましての方もいつもの方もありがとうございます(・Д・)ノ


Comment:0  Trackback:0
2018
10.28

ガラスピンのオーダー2回目。

Category: ビーズ
DSCF9831_20181028135327fa1.jpg

DSCF9841.jpg
仲良くして下さってるガラスピン作家のyuiaさん(☆☆☆)にまたもや個別オーダーをお願いしてしまいました(=゚ω゚)ノ

DSCF9810_20181028135321a38.jpg
今回は、8月の素材博新作で人気でゲット出来なかった「秋色の星屑」をちゃっかりティアドロップでお願いしたり、

DSCF9820_20181028135324c06.jpg
いきなりDMで「世の中にはアメトリンと言う石がありましてね……」とアメトリンの画像を送りつけてアメトリンカラーのティアドロップ作ってもらいました(笑)

DSCF9815.jpg
上の画像は黄色のガラスを使ってもらってて、こっちはちょっと茶色を混ぜてもらってます。

DSCF9821.jpg
これは少しだけ粒のサイズが大きめ。

DSCF9845.jpg
薄紫の部分はネオジウムガラス。
自然光では爽やかなライトラベンダーカラー。
蛍光灯の下では落ち着いた薄い水色(゚∀゚)
凄くね(゚∀゚)

yuiaさん、前回の時もそうだけど、試作の連絡がめっちゃ早くて、そこから細かい調整も色々聞いてくれて本当に凄い。
こっちが「こんな感じで出来るかな?」って提案しても「こう?」って直ぐ返ってくるし、逆に「こういう場合はこういう色もあるよ」って教えてくれるので、自分の想像する色に本当に近い物を作って下さって感謝ヾ(o´∀`o)ノ

他にもちょっとお願いした色の組み合わせがあるものの、12月のイベントに向けて頑張って在庫増やされてるそうなので、落ちついたらまた頼もう~~と思っております。

yuiaさん、年内のイベント参加は「ビーズアートショーYOKOHAMA2018 冬」12/6-8開催だそうです。
yuiaさんの素敵なガラスピンの実物を見れるチャンス!!
気になる方は是非、冬のビーズアートショーへ!!(大好きなイベントなので、地道に地道に宣伝(笑))
私も行くよ!!(今回は諸々あって休みも取れないので最終日の8日(土)にまったり行こうかと思っとります)

11月は
10・11日にビッグサイトでデザフェス、東京オーヴァル京王閣で東京蚤の市
17・18日はパシフィコ横浜でハンドメイドマルシェ
って感じでイベントが続きますね。
残念ながら一ヶ月無職だった私に余裕はないので、11月はお家でのんびりまったり過ごします。
別件の11月後半イベント用の原稿もあるしね~(-∀-)(寧ろ、これが一番ヤバい)

ちょっと気になる行ってみたい小さめのイベントもいくつかあるので、来年はもうちょっと計画的にハンドメイド系のイベントを楽しめる様にスケジュール管理頑張りたい……、かな(笑)
(もう、来年の話とかしちゃうそんな季節になりましたね~)


はじめましての方もいつもの方もありがとうございます(*´v`)


Comment:0  Trackback:0
2018
10.18

秋の色のグラスストーン。

Category: ビーズ
DSCF9790.jpg
秋の色。
ワインレッドや深紅系。
こういう色を見ても「暑い」と思わなくなった辺り、秋だなぁ、としみじみ思います。
一年の中で一番好きな季節(=゚ω゚)ノ

DSCF9788_20181018172819ea8.jpg
さて、こちらのグラスストーン。
結構大粒の物。
これ見て「おや」と思った貴方はこのブログの通ですね。(だからと言って何があるわけでもないのですが)

こちらのストーンたち。
一年半程前に購入したブローチから取り外して洗浄したものになります。
元は1970年代のブローチでした。
おおよそ50年程前のもので、ブローチとして使おうにも結構年期が入って錆も凄かったので、今回ストーンだけ外して、ちょっくら再利用。

中央の真っ赤なラウンドが1粒。
周りにはオーバルが6粒。
何故か、6粒のうち、5粒は赤とピンクの混じった綺麗なカーマインカラーで、残りの1粒だけはライトアメジストみたいな色。

なんでや。

ちなみにセッティングされてた時はカーマインの1粒はお尻向けてましたね。

なんでや。

まぁ、ぶっちゃけここで「なんでー? なんでー?」って言ってても謎は解決しないんですけどね(-∀-)
いつかどこかで謎が解決したらめっちゃ喜び勇んで報告したいと思います。(多分、無理)

でもって、ブローチから外す作業。
結構がっちり爪に掴まれてるのかな~、って思ったら、もうね、セッティングの金具自体が結構弱くなってまして。
我が家にあった極細目打ちのさきっちょを、ストーンと爪の間にスッと差し入れてくいっと曲げたら曲がりました。
周りの6粒は爪が四ヶ所しかなかったんで二ヶ所ぐらい外すとストーンがぽろっと落ちまして。
真ん中のラウンドだけはすんごい細かい爪だったんでちょっと大変でしたが、どうにか外せました。

そんなわけで外したストーン。
結構金具の錆とか埃汚れの塊がこびりついておりましたので、さっと水で洗って、一晩くらいキッチンハ○ターに浸けこみました。
翌日になって綺麗に洗ってみたら、汚れは綺麗に取れてぴっかぴか。
年代ものだし、一回セッティングしたものなので、細かな傷は残ってしまってるのは仕方ない事。
寧ろ、多少の傷など気にしない私的には問題なし。

カーマインっぽい色のやつがセットから外してみたらすんごく好みの色だったので、何に使おうかと色々考えてる所です。


雑談。
お仕事、やっとこさ一つ決まりそうかな……って所です。
とりあえず企業訪問までは行けそうかな。
いままでは、それすら行けなかったので。
良さ気な感じなので、進むと嬉しいかなぁ、と思います。


もう一個雑談。
18で働き初めて一番最初に就職したのは小さなスーパーでした。
一年勤めて後輩が入った所で任せて辞めて、そっからちょこちょこ色々やって、23くらいの時に事務職になりまして。そっから基本はずっと事務。
この最初の事務の時に勤めた会社に、典型的なお局様がいらっしゃいましてね。
まず、ブース内に男女6人くらい居たんですが、離席(会議室の清掃や業者対応、トイレに行く時も)は必ず全員に聞こえる声で告げてから離れる事、と入社時に言われておりまして。
なので私は、トイレ行く時は高らかに「トイレ行ってきまーす!」って言ってました。
他の人はやや小さ目な声で言うんですけど、私は言えって言われて後から「言ってないじゃない」って言われるのも嫌だったんで、それはそれは大声で高らかに言いました。
恥ずかしいも何も生理現象だし? しょうがなくない? って。
でもってお局様も「それでいいわ」って感じだったんです。
でも、ある時、自ブースの隣の社長室での来客対応を終えた社長がお客さんを見送った後に眉毛をハノ字にしてうちのブースに来ました。
「いやー、さっきの声、こっちの部屋にまで丸聞こえでね。お客さんと苦笑いしちゃったよ」と。
お局様が「申し訳ありません!!」ってすぐに謝ってましたが、私は特に何も言いませんでした。
でも、その後にお局様に廊下に呼び出しくらって「女の子なんだから、もうちょっと慎みを持ってね。余程の時以外は言わなくてもいいわ」って言われてこっちは「はぁ?」って感じでした。
その後も気分で結構ころころ対応が変わりまして。
「ちょっとおトイレ行ってきます」って言って席外した時に戻るまでに時間が長いと席に戻った時に必ず「お腹の調子悪いの?」とか聞かれまして。
……慎みとは? と思いながら「ええ、ちょっと……」とか答えてました。

この対応を「変なのー」と思いながらも我が身にはかなり深く染み付いていたようで。
その後も勤め先が変わっても癖のようにトイレに行く度に「ちょっとトイレ行ってきてもいいですか?」って聞いちゃうようになりまして。
女性の方だと「どうぞー」で終わるんですけど、男性だと「……言わなくていいですよ」って言われてました。
でも、何回も繰り返すと女性も男性も「行きたい時に行っていいよ」って言ってくれるものなので、今では初日に雰囲気を見て聞いたり聞かなかったり。

その会社やそこに勤める人の独自のマイルールみたいなもんが色々あるわけですが、長く勤めると結構知らず知らずのうちにそれが染み込んでるもんですよね。

色んなルール見て来たし、結構「何これ!?」ってもんにも対応してきましたけど、もう変なのとか慌ただしいのはいいかな。


はじめましての方もいつもの方もありがとうございます(*´v`)


Comment:0  Trackback:0
back-to-top