FC2ブログ
2019
01.20

日曜日のお話。

Category: 日常
ここ最近、ずっと家に籠って文章書き散らかしておりましたので、今日は久々に一人でふらりとお出掛けなどしてきました。

まず赴いたのは吉祥寺。

DSC_5876.jpg
ツイッターで偶然知った「第2回 屋根裏クラフトお蔵出し会」っちゅーイベントが気になったので行ってみたのです。
その名の通り、ハンドメイド作家による素材・資材・什器のフリーマーケットのようなイベント。
フリマ自体好きなんですが、出品者が作家って事はすごく面白い事になるのでは? と思ったのもあって行ったんですけど、想像通りにハンドメイドする人にはすごく宝の山のイベントだったかと。
まんまフリマのようなものなので、早い者勝ちって所はあれど、土日開催で、日曜日の午後にふらっと行った私でも結構「あ、これ、いいじゃない!」って物をいくつかお迎えして帰ってきました。
ちなみに画像のビーズ系資材がそれ。
あと、お弁当入れられるサイズのトートバックも一緒に買ったんですけど、まるっと含めて1200円でお釣りが来やした。
そんぐらいに安いんです。凄いイベントだった……。

ビー玉とか、完全にコレクション用でお出迎えしたんですけどね、5個で20円だったの(ΦωΦ)
気付いたら夢中でビー玉の箱を漁ってましたよね。

お会計する人、お会計する人が合計金額聞いて「安っ!!」って叫ぶ楽しいイベントでした。
ついでに「こんなに安くて良いんですか!?」「いいんです!私達は持って帰りたくないんです!」って言うお客さんと出展者さんのやりとりで爆笑させてもらいました。

次回もあったら覗きに行きたいなぁ。


DSC_5865_20190120211857245.jpg

DSC_5867.jpg
折角、吉祥寺出て来たしなー、と思ってボヘミア吉祥寺さんにも寄ってきましたよ(=゚ω゚)ノ
不透明な赤のアジアンな感じに惹かれた蝶々やメロン。
ガラスボタンは一目惚れの柄でした。
(こちらのご紹介はまた別記事にて~)


吉祥寺堪能してお昼食べて、またふらっと移動。
今度は東林間へ。

DSC_5836_20190120211825458.jpg
お久しぶりです~、なレモンクリームイエローの扉。

DSC_5863_2019012021185577f.jpg
今日まで開催されていたイノウエエリコさんの個展​「いつかどこかで」に滑り込みしてきました。
(左上のは個展で買わせて頂いたマステ。ブロッコリーとアスパラ! どっちも美味しいよね!)

開催のお知らせDM貰った時から気になっていたけれど、行けるかしら? と思っていたわけですが、実際に絵を見させて頂いて最終日駆け込みだけど、行けて良かったと思いました(* ´ ▽ ` *)

丁度お邪魔した時に他のお客さん帰られる所だったので、今回展示されている絵について、在廊していた作家さん御本人に解説頂けるという素敵な状況も味わって来ました。

DSC_5841.jpg
こちらは原点とも言うべき作品とのこと。
「高校の時、16の時に学校の課題で描いたんです」って言われて驚きのあまり「え!? 16でこれ描く!? 描けちゃいます!? もう、それ才能じゃないですか!!」って勢いのままに言ってしまいました。
……ごめんね、おばちゃん年々興奮すると思った事勢いで言っちゃうから(´・ω・`;)
「初対面なのにいきなりこんなフランクですみません……」って言ったら、イノウエさん、凄く優しい穏やかな笑顔で「大丈夫ですよー」って言って下さって「……この子、ええ子やぁ」と一人で感動までしてました。

でも、高校生でこの構図と色使いのセンスを持ってたなんて、なんて怖ろしい子なの……。凄いわ……。(ゴクリ)
みたいな事を本気で思っていた一枚でした。

DSC_5839.jpg
お花の絵に、

DSC_5843.jpg
街の絵、

DSC_5846_2019012021183101c.jpg
野菜に、

DSC_5848.jpg
果物、

DSC_5840.jpg
人物に、

DSC_5850.jpg
そして景色。

これだけの絵を一人で描けるイノウエさんの底力って言うのか、才能っていうのか、なんか持ってるものの凄さを感じて来ました。
凄く良い時間と空間でしたし、とっても刺激を受けました。
行って本当に良かった(*´v`)

鮮やかな色彩で彩られた作品が多い中で、逆に私が惹かれたのはこの一枚でした。
DSC_5852_20190120211854bce.jpg
「流れ星の通り道」

絵をお迎えする甲斐性があったのならお迎えしたかった作品でした。
(悩んだんですよ。かなり悩んだんですよー!)

絵の作品って、最近すごく気になるんですよ。
でもね、これまで絵の作品に意識を向けた事が無かったもので、絵を飾る、とか、絵を鑑賞する、って感覚がいまだに自分の中になくて。
そうなると、作家さんが魂を込めて描いた作品をお出迎えしても、仕舞いこんだままになってしまいそうで。
と、言うかそもそも絵を大切に仕舞いこんで置ける場所もなくて。(あっちこっちの隙間に素材系を詰めてやりくりしておりますので……)

そうなると、私の元にお迎えするよりも、大切にしてくれる人の所に行った方が絵も幸せだろうな、と。

いや、これは私のエゴでしかないんですけどね。
私もモノづくりをする身の端くれとして、やっぱり自分が作ったものは誰かの元で見てもらったり、使ってもらえる方が嬉しいなぁ、と言う、そういう気持ち。

でも、いつか絵をお迎えしてみたいなー。
作家さんの魂籠った、その一枚を家で眺めて楽しんでみたい。

イノウエさんの個展、とっても素敵でした.゚+.(・∀・)゚+.
次回の開催があれば、またお邪魔したいです!

また、いつかどこかでイノウエさんや、イノウエさんの素敵な作品にお会いできたら嬉しく思います。


ツルカワさんとも久々にご挨拶出来て、またお話も少しですが出来て嬉しかったなぁ(*´v`)
(とっても大盛況だったので、次から次へとお客さんが来てて常に賑やかだったのですよー)
やっとこさ最近、自分の作品に対するイメージが固まってきて色々作りはじめましたー! って熱い思いを伝えたら笑顔で受け止めて下さったので、またツルカワさんの企画する展示会に参加出来たら嬉しいなぁ、と言う気持ちです。
私のビーズ刺繍の方の制作が亀もカメムシもびっくりの遅さなので、いつの、どのタイミングでツルカワさんとピタッと合わさるのかは果てしなく謎ですが、それでもいつかあの素敵なギャラリーの空間に自分の作品が並んだら、きっと私、感動で泣くと思う。

だからいつか来るその日の為に、今は今の自分の思うものを、魂込めて作りたいと思います。


はじめましての方もいつもの方もありがとうございます(^∇^)


スポンサーサイト
Comment:0  Trackback:0
2019
01.16

ローズペタル2色。

Category: ビーズ
DSCF0205_2019011622002612f.jpg
チェコのローズペタルを二色。

ジェットとペリドット。

じゃらっとブレス用にちょっと色を試したくてお迎え。
他の色もまだちょこちょこお迎えしていきたい。


IMG_oom2s9.jpg
ツイッターでちょっと前に知った手芸ガチャ。
今日、帰りにユザワヤに寄ったらあったので、一個買ってみました。

手芸用品のミニチュアが入ってるガチャ。

DSC_5825_201901162200244d8.jpg
今回引き当てたのはシャッペスパンミシン糸。
中々に再現度が高くて可愛いです。

次もあったらもう一回買ってみよっと(* ´ ▽ ` *)

最近あんまり新作紹介してませんが、水面下ではちょこちょこ作業してます。

ビーズアクセサリーと違ってビーズ刺繍はやっぱり完成までの工程が長いもので、中々「作ってます!」「出来た!」と直ぐに紹介出来ないのですが、近々ブローチをお目見え出来るかと。

渋いの作りました。
渋いけど、結構好みのやつ(´ω`)


はじめましての方もいつもの方もありがとうございます(」*´∇`)」


Comment:0  Trackback:0
2019
01.13

ハンドメイドへの愛。

Category: 日常
DSCF0196.jpg
昨年の12月に東林間にある、ちいさな雑貨ギャラリー プラムツリーさんで開催されていた「ツルカワとまおのザ・コレクション!」のカタログを購入させて頂きました~!!

この企画展、気になってて行きたかったものの年末のあれやこれで余力が無くて断念したのでした……( ノД`)

でも、カタログ通販しますよ! って情報を見て、これは絶対に読みたい! 読ませていただかねば! と思ったんです。

展示自体の趣旨はプラムツリーさんのHPから引用させて頂くと「ギャラリー主ツルカワヨシコと、友人でありminneの作家活動アドバイザー和田まおによる、自身のハンドメイド作品コレクションを見せちゃうよ展!」との事で、その概要を知った時には「なんだ、この熱い企画は……っ!!」と胸が熱くなったものです。

いや、だってね。
こんな企画展を企画して開催しちゃうなんて、流石ハンドメイド変態のツルカワさんとそのご友人!! ってなるでしょ(笑)

作り手の側から言わせてもらえば、今回の企画展、そんな変態さん達に選ばれた作家さん達、すげぇ!! って気持ちにもなりましたよね(*´v`)
数居る作り手の一人として、率直に正直に、そこまで愛される存在だってことが羨ましい、と。

今回の参加作家さんは以前から存じ上げている方もいらっしゃれば、こんな素敵な方がいらしたのか! とちゃっかり新たなる発見もさせて頂きました(ΦωΦ)ムフフ

DSCF0198.jpg
通販開始早々に頼んで、わぁーい! 届いたー! と思ったのも束の間。
丁度届いたタイミングと仕事初めが重なって、まぁ、平日夜にでもゆっくり読ませて頂くか~って思ってたのに、仕事がいざ始まってみたら結構バタバタしちゃって、なんか平日はずっとぐったりしてて文字が拾えなくて、カタログをぱらぱら眺めながら、読みた~い~(;д;) でも今読んでも絶対頭に入って来ない~(;д;)ってなったので、三連休まで我慢して待ちました(笑)

折角の素敵なカタログ、読むのなら自分の満足する読み方をしたいじゃないですか。

でもって、土曜日に背中痛くなるまで(笑)、寝まくって、起きてから改めてじっくりゆっくり拝読させて頂きましたよ。

ページ数はね、そこまで多くないんですよ。
ツルカワさんと和田さんがそれぞれ今回の企画展に参加された作家さんについてや、その作家さんの作られる作品との出会いや、作家さん御本人とお会いした時の事とかを紹介して下さっているので、読もうと思えば、サクッと読めちゃうんです。

でもね、読み終わって「だよねー!!」って思うぐらいに情熱的な中身でしたよ(* ´ ▽ ` *)
熱かったです。
作家さんへの想い、作品への想い、そしてハンドメイドへ想い。
どれをとってもめちゃくちゃに熱かった。

その熱さが、凄い。
これだけの愛や情熱を注げるって凄い。

これだけの愛や情熱を注がれる作家さんや、そんな作家さんが作りあげる作品達も、凄い。

いつか私も、それだけの愛や情熱を誰かに注いでもらえる作品を作れるだろうか。
いや、この先も作品を作り続けるのなら、目指すだけ、目指してみるのもいいかもしれない。

読み終えた後に、ふとそんな事を思わせてくれる、凄く素敵なカタログでした。
手元に迎えられて、読む事が出来て、とっても嬉しいです。

ハンドメイドが好きな人、作品を作られる人。
機会があれば、是非とも読んでみて頂きたい一冊です。

なんて言うんだろう。
相変わらず上手い言葉には表せないのだけれど、読んでみて、そこで何か感じられる物があったのなら、きっともっとハンドメイドが好きになれるし、作品作りにもちょっと違う心持ちで改めて向き合って挑めるような、そんな一冊かもな、と。

あとは、人がどうやってハンドメイド作品や、その作家さんと出会うのか、または、出会ってどう繋がって行くのか、なんて所も垣間見えて面白かったです。

世の中には沢山の人がいます。
ハンドメイドが好きで買う人、作る人。
デザフェスなんかが伝えやすいし分かりやすいですけど、作り手があれだけいて、ハンドメイドに興味がある人が集まって、あれだけの大きなお祭りをやる。
そう言った中で、どんな機会があってその作家さんを知るのか、どうやって作品をお迎えしたのか、どうやって作家さんと知り合いになったのか。

そういう事ってあんまよくり分からないじゃないですか。
このカタログでは、そういう出会いの事も書いてくれているので、へぇー、そんな出会いがあるんだ、とか、そこら辺の事も分かって面白かったです。

企画展には行けなかったけど、ハンドメイドへの熱い思いや、そのワクワク感はこの一冊から充分に感じとることが出来て幸せです(*´v`)

多分、また通販されてると思う(?)ので、気になる方は是非。
ちいさな雑貨ギャラリー プラムツリーさん → ☆☆☆

ちなみに今現在、プラムツリーさんではイノウエ エリコさんの個展「いつかどこかで」が開催されてます。
12日(土)から、20日(日)までの開催で16日(水)のみ休廊。


すっごく行きたい。
でも、仕事と別件の兼ね合いもあっていけるかどうかすんごく微妙な所・゚・(つД`)・゚・
(特に仕事は年明けて一週間しか経ってないけど、かなり真面目に二回ほど転職考えるレベルです(ΦωΦ))
イノウエさんの作品、実は前から気になりつつも中々出会いが無くて。
今回、プラムツリーさんで初の個展開催と聞いて、えー! いいなー! 気になるー! って思ってるんですけどね、時間と体力よ、持ってくれ……と願う所。

私はネギのマステがすんごく気になっているんだー!!
ネギー!!


はじめましての方もいつもの方もありがとうございますー(*^ワ^*)


Comment:0  Trackback:0
2019
01.12

オマケの話。

Category: ビーズ
DSCF0200_2019011212075239b.jpg
私が時折チェコビーズをわさっとお買い物させて頂くビーズチャタボックス(☆☆☆)さんは会員登録してお買い物すると100円ごとに1ポイントがつくシステムがありまして。
それぞれのポイント数に応じて景品と交換、もしくはポイントを値引きに使用出来ると言うシステムなわけですが、私はお買い物の時にポイントが溜まっていたら、それをいつもチェコビーズのMIXって景品と交換してもらいます。

今回も福袋を購入するにあたり、前のお買い物で溜まったポイントがあったのでチェコビーズMIXと交換してもらって同梱してもらいました。

DSCF0201.jpg
でもって、今回の景品。
なんか、色合いが凄く好みでした。

DSCF0202.jpg
なんか、この色の組み合わせ、好き。って見た瞬間に思いました(笑)

私が良く使うローズペタルやドロップ、ラウンド系ばかりでまとめて下さっているのも嬉しい(*≧∪≦)



Aimerさんってアーティストさんがいらっしゃいまして。
私、アニメ系の曲を結構聞くんですけど、Aimerさんを初めて知ったのもアニメで。(Fateの「Brave Shine」って曲だったんですけどね)
Fate/stay night [Heaven's Feel]」の「花の唄」も好きで結構聞いてて。
映画の第二章の主題歌もAimerさんだってつい先日知って、相方とCMで聞いた時に「ああ、好きかも~」と思ったんですけど、配信された「I beg you」もフルで改めて聞いてみたら、ああ、やっぱり好きだなぁって思って。

「花の唄」も凄く良くてクオリティも高くて、イメージが強すぎて、これは第二章の曲が話題になるの結構ハードル高そうだな~なんて思ってたんですよね。
(何となく最初のイメージが良いとそれに続いて行くって難しいイメージがあるもので)

でも、「I beg you」も凄く良い。
「花の唄」とは全然雰囲気違うけど、凄く作品に合ってる。

ちなみに私はHeaven's Feelのストーリーをぼんやり概要だけ知ってるタイプなんですが「花の唄」「I beg you」と続く歌詞やメロディ、作品に合わせた雰囲気に改めて、凄いなぁ、って思いました。
歌い上げるAimerさんも凄い。そんでもってプロデューサーの梶浦さんも凄い。

語彙力無さ過ぎて「好き」と「凄い」しか言えてないのがもどかしい(笑)

音楽とか歌って凄いですね。
無くても生きてはいけるけど、あった方が断然いい。
気持ちが違う。

そんなわけで私は今日も好きな音楽を聞きながらまったりと趣味を堪能します。


はじめましての方もいつもの方もありがとうございます(*^_^*)


Comment:0  Trackback:0
2019
01.11

トルコのオヤ糸屋さんの東京展示会に行って来た話。

Category: ビーズ
DSCF9848.jpg
去年の11月に開催されていたトルコのオヤ糸屋さん(☆☆☆)の展示会、実はふらりと覗いてきておりました( ^ω^ )

カラフルな糸やビーズで作られたネックレスやブレスレットを一気に大量に見れる凄く素敵な空間でした。
オヤ糸の作品、これが手作りなのか……って本当に驚かされる完成度の高さ。
素晴らしかったです.゚+.(・∀・)゚+.

次回の東京開催の時にも是非お伺いしたい!!

DSCF9851.jpg
展示会では資材の販売もあったので、ちゃっかりお迎えしてきたビーズ達。
トルコで使われているビーズはチェコのビーズだそうで。
チェコのビーズって、チェコの色って感じしてるな~って改めて思いました。(ちょっとまともな日本語使えてないですね)
なんて言うんだろ。
日本に無い感じの発色の感じ?

最近、なんか黄色に惹かれてしまうので、この時も黄色を二色もお迎えしてしまいました(笑)

DSCF9853_2018122022593851b.jpg
竹ビーズも二色お迎え。
色合いが可愛かった上に、お値段もとってもお買い得だったので、つい。

丁度お財布が寂しい時期だったので、厳選に厳選してお迎えしてきた色です。
次の展示会の時にはまた暖色系のビーズもお迎えしたいなぁ。

年末のビーズの福袋も気になってたんですけどね、送料含めた金額だと、ちょっと今は手が出せないなぁ、と思って諦めました。
(無職のツケ。そして、新しい職場は時給下がった上に勤務時間が短くなりましたのでね……)

来年もやってくれると信じて楽しみに待とうと思います。


今年、なんか気になってた所が福袋やらなかったり、やるんだけど金額が上がっちゃったり……、って事があって結局一ヶ所でしか買わずにおりました。
でも、yuiaさんの福袋がもうすぐ始まるし、shiffさんも毎年やってくださってる福袋がまだなので、きっとこれから情報が出るのでは……、と期待しながら待機中デス。

自分が一番使うサイズが丸小ビーズなので、シードビーズはシードビーズでも丸小だけのシードビーズ福袋とかあると嬉しいな~なんて思ってたんですけど、まぁ、無理な話で。
一番理にかなってたんですがトルコのオヤ糸屋さんだったんですけど、軽く予算オーバーでしたね(´・_・`)

気になる物はちょこちょことあるにはあれど、決定打が無い。
そんな感じの平成最後の福袋話。


はじめましての方もいつもの方もありがとうございます(´ω`人)


Comment:0  Trackback:0
back-to-top